港区で軒ゼロ住宅の雨漏り修理 -3-

昨日の続きになります。
今回の雨漏り修理工事では、透湿防水シートを水切りの立ち上がり外側に
被せなおして、サイディング材で仕上げました。
2次防水となる透湿防水シートの表面を流れ落ちる水が、
水切りから外へ排水できる構造とすることで本来あるべき納まりとなりました。
I様に軒ゼロ住宅を選んだ理由を聞いてみると、自ら選んだデザインではなく、
設計者や住宅会社などの作り手の意向だということでした。
なので、I様だけでなく、作りて側も軒ゼロ住宅の雨漏りリスクを認識
していなかったことになります。
軒の出が十分にある住宅は、人が傘をさしている状態と似ています。
傘に少し穴が開いていたら、雨が浸入して体が濡れてしまいます。
実際の住宅の話に置き換えると、軒の出があれば、、屋根と壁の取り合い部に
隙間があっても、雨水の侵入リスクは低くなります。
ところが、軒ゼロ住宅では取り合い部などに隙間があると、容易に雨水が浸入して
室内の雨漏りを引き起こします。
軒ゼロ住宅で雨漏りがおこりやすいと知っていたら、
設計段階で違うデザインを選んでいた、とI様は話していました。
雨漏り修理の終盤で、I様から追加でお願いがありました。
雨漏りの再発を防止するために、サッシやバルコニーに雨がかからないようにしてほしい
と言うのです。しかし、屋根の軒を新たに設置すると大掛かりな工事となって多額の
費用がかかります。そこで、バルコニーにテラス屋根を設置して
雨掛かりを減らすことにしました。

テラス屋根

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP