屋根修理の基礎知識 – 種類・時期・コスト

屋根修理に必要な費用と種類

「屋根の損傷がひどいけど、修理するべきかリフォームするべきか迷っている」
「修理費用がどれくらいかかるのか不安」
「どの屋根材が最適なのか分からない」
屋根修理をお考えのお客様、こんなお悩みを抱えていませんか?これらの悩みを解決するために本記事では次の情報を提供します。

  • 屋根修理の方法と選び方
  • 費用の目安と賢い見積もりの取り方
  • おすすめの屋根材とその特性

確認しないと損をする3つのポイントを押さえることで、あなたの家の屋根を最適な方法で修理・リフォームできます!
屋根の損傷を放置すると、雨漏りや家全体の劣化を招き、修理費用が増大する可能性があります。しかし、この記事を読むことで、屋根修理に関する正しい知識を身につけることができます。
屋根修理の基本を知り、家を長持ちさせるための最善の方法を見つけましょう!

屋根修理の前に確認したい3つのポイント

  1. 屋根修理の選定

    屋根の損傷の程度や種類によって最適な修理方法は異なります。例えば、小規模な損傷であれば部分的な補修が可能ですが、広範囲にわたる損傷の場合は屋根全体の張替えが必要になる事もあります。損傷状況を正確に把握し、最も効果的な方法を選びましょう。

  2. 現在の屋根材の確認

    現在の屋根材がどのような状態にあるかを確認することも重要です。屋根材によって耐久性や保守のしやすさが異なるため、現在使用している材質を知ることで、修理やメンテナンスの計画が立てやすくなります。また、屋根材が原因で特定の問題が発生している場合は、材質の変更も検討する必要があります。

  3. おすすめの屋根材

    修理の際に屋根材を新しくすることを検討している場合、耐候性や保湿性に優れた材料を選ぶと良いでしょう。例えば、金属屋根は耐久性が高くメンテナンスが容易ですし、瓦屋根は伝統的な見た目で断熱性が高いです。地域の気候や家の構造に合わせて適切な材料を選びましょう。

ポイント1 屋根修理の目的と方法

目的は屋根修理?それとも屋根リフォーム?

屋根修理と屋根リフォームは、それぞれ家の状態に応じて選ぶべき方法が異なります。屋根修理は、特定の破損部分だけを対象に行われるもので、急な損害や老朽化が原因の小さな問題を解決します。一方、屋根リフォームは屋根全体の性能向上や外観の改善を目的とし、大掛かりな作業が伴います。それぞれの特徴を理解し、必要な作業を選ぶことが重要です。

屋根修理について

屋根修理の費用の目安

屋根修理の費用は、修理の範囲や使用する材料によって大きく変わります。部分的な修理であれば数万円から対応可能ですが、屋根全体の修理や葺き替えになると数十万円以上が必要です。事前に複数の業者から見積もりを取り、適切な計画を立てましょう。

屋根修理の料金・価格表はこちら

屋根修理(部分修理)

部分的な屋根修理は、特定の問題を迅速に解決するために行います。瓦が割れたり、漏水が発生している場合など、小規模でも適切な対応が求められる状況です。

屋根の応急処置

屋根の応急処置は、急な損害が発生した際に一時的に被害を最小限に抑えるための対策です。たとえば、台風や大雨後の漏水に迅速に対応するため、防水シートやプラスチックのシートを用いて損傷部分を覆います。これにより、迅速な対策が可能となり、修理が行えるまでの間、さらなる損害を防ぐことができます。しかし、これは一時的な解決策に過ぎないため、早めの本格的な修理が必要です。

屋根の差替え/接着/テープ補修

屋根の部分的な損傷に対する修理方法として、差替え、接着、テープ補修があります。差替えは、損傷した瓦やシングルを新しいものと交換する手法です。接着修理では、割れた瓦などを特殊な接着剤で固定します。テープ補修は、裂け目や小さな穴が開いた部分に専用の防水テープを使用し、水の侵入を防ぐ方法です。これらの方法は比較的簡単に行えるため、小規模な修理に適しています。

棟(むね)板金の交換

棟板金は屋根の頂部に取り付けられており、屋根全体の構造を支え、防水性を高める重要な役割を担います。時間とともに錆びたり損傷したりすることがあり、その場合は交換が必要になります。棟板金の交換は、屋根の耐久性と安全性を保持するために重要であり、適切に行うことで屋根全体の寿命を延ばすことができます。また、棟板金を新しいものに交換することで、屋根の外観も改善され、家全体の美観を高める効果もあります。

屋根リフォーム

屋根リフォームは、屋根全体の機能向上や見た目の改善を目的とした大掛かりな作業です。長期的な保護と価値向上を目指し、以下のような方法が一般的です。

屋根塗装

屋根塗装は、屋根の表面に特別な塗料を施し、耐候性や防水性を強化する処理です。この塗装作業により、屋根の材質を保護し、紫外線や雨水から屋根を守ります。また、見た目を新しく保つことができ、家全体の印象を向上させる効果も期待できます。定期的な塗り替えは、屋根材の劣化を防ぎ、長期的な耐久性を確保する上で重要です。

外装塗装(屋根・外壁)について

屋根カバー工法

屋根カバー工法は、既存の屋根に新しい屋根材を重ねて設置するリフォーム方法です。この工法は、全面的な葺き替えに比べて工事期間が短く、コストも抑えられるため、効率的なリフォームオプションとして人気があります。新しい屋根材を追加することで、断熱性や防音性が向上し、屋根の機能性が大幅に改善されます。また、家全体のエネルギー効率を高める効果もあり、省エネルギーに寄与します。

屋根葺き替え

屋根葺き替えは、既存の屋根材を全て取り除き、新しい屋根材に完全に置き換える工法です。この方法は、屋根が大きく損傷している場合や、長期間にわたる耐久性向上を目指す際に選ばれます。葺き替えにより、屋根の断熱性や防水性が大幅に向上し、屋根の寿命を延ばすことが可能となります。また、最新の屋根材を使用することで、エネルギー効率の改善やメンテナンスの簡易化が期待できます。

屋根修理について

ポイント2 あなたの屋根はどの屋根材

代表的な4つの屋根

屋根材はその種類によって特性やメンテナンス方法が異なります。主に使用される4つの屋根材として、スレート屋根(コロニアル)、瓦屋根、金属屋根、アスファルトシングルがあります。

スレート屋根(コロニアル)

スレート屋根は、耐久性と経済性に優れる屋根材です。特にコロニアルスレートは、その美観とコストパフォーマンスの高さから多くの住宅で採用されています。耐候性に優れ、色のバリエーションも豊富で、住宅の外観を格上げします。

瓦屋根

瓦屋根は、耐久性と防火性に非常に優れています。陶器瓦とセメント瓦の二種類が主流で、伝統的な日本家屋に多く用いられる屋根材です。その重厚感と耐久年数の長さから、長期的な投資としても非常に有効です。

金属屋根

金属屋根は、軽量で耐久性があり、施工が容易なためリフォームにも適しています。特にガルバリウム鋼板は、錆びにくく長持ちすることで知られており、現代的な建築デザインにもマッチします。

アスファルトシングル

アスファルトシングルは、北アメリカで最も普及している屋根材です。その施工の容易さと経済性、適度な耐久性が評価されています。色や形の多様性も魅力の一つで、個性的な住宅外観を演出できます。

屋根材別の特徴と工事工法

屋根材は、その材質によって持つ特性や適用する工事工法が大きく異なります。各屋根材の特徴と一般的な工事方法について詳しく見ていきましょう。

旧スレート/アスベスト入り

旧型のスレートでアスベストを含むものは、耐久性と経済性で広く使われていましたが、アスベストの健康リスクが明らかになって以降、使用は推奨されていません。これらの屋根材の撤去や交換工事は、専門の業者による適切な安全措置と処理が必要であり、特に粉じんの管理が重要です。

旧スレート/アスベスト無し

アスベストを含まない旧スレートは、耐久性や防水性は保持しつつ、より安全性の高い選択肢です。工事工法は通常のスレート屋根と同様で、屋根の骨組みに合わせて大きな板状のスレートを固定していきます。主に釘打ちで固定され、必要に応じて防水シートとの併用が行われます。

旧スレート/アスベスト無し商品①「パミール」

新技術を用いた耐候性に優れ、多様な色が選べるため、デザイン性を求める屋根に適しています。

旧スレート/アスベスト無し商品②「コロニアルNEO」

軽量化が図られつつ、耐久性も高いため、構造的な負担を減らしたいリフォームに最適です。

旧スレート/アスベスト無し商品③「セキスイかわらU」

独自の耐久技術により長期間の保証があり、環境変化に強い屋根材として信頼性が高いです。

新スレート/アスベスト無し

新タイプのスレートはアスベストを含まず、環境及び健康に対する影響が極めて低いです。これらの材料はさらに耐久性や断熱性が向上しており、色褪せや風雨への抵抗力も高められています。施工方法も従来のスレートと同様で、屋根のサイズに合わせてカットし、専用の釘や接着剤で固定します。

波型スレート

波型スレートは、その特徴的な波型の形状により、排水性が優れていることが最大の特徴です。軽量で取り扱いやすく、特に工業的な建物や倉庫に多く用いられます。固定は専用の金具を使用して行われ、隙間が発生しないように注意深く施工されます。

スレートの基礎知識

瓦屋根

瓦屋根はその歴史と伝統が日本の建築に深く根付いており、美観だけでなく、耐久性や防火性に優れていることから多くの住宅に採用されています。主に陶器瓦とセメント瓦があり、それぞれ特性が異なります。

陶器瓦

陶器瓦は自然素材から作られ、焼成過程で硬化されるため、非常に丈夫で長持ちします。色や質感に深みがあり、趣のある外観を演出できるため、伝統的な日本家屋や高級住宅に多く用いられます。陶器瓦の施工は専門の技術を要し、瓦一枚一枚を精密に敷き詰める必要があります。瓦同士を接合する際には、特殊な接着剤や漆喰を使用し、強風や地震に対する耐久性を確保します。

セメント瓦

セメント瓦はセメントと砂を混ぜて成形し、高温で硬化させたもので、陶器瓦に比べて製造コストが低く、様々な色や形状が作りやすいという利点があります。耐久性と保守性に優れており、特に現代的な建築にマッチする外観が特徴です。セメント瓦の施工もまた専門技術を要しますが、重量があるために建物の構造に適しているか事前の確認が必要です。瓦は釘やクリップで固定され、瓦と瓦の間には防水性を高めるためのシーリング材が施されることが一般的です。

瓦屋根の基礎知識

金属屋根

金属屋根はその耐久性、軽量性、施工の容易さから商業施設だけでなく、住宅にも広く利用されるようになりました。主要な材料にはガルバリウム鋼板、アルミニウム、銅などがあります。それぞれの材料は防錆性、耐候性に優れ、長期間にわたって建物を保護します。

瓦棒(トタン)

瓦棒(トタン)は薄く加工された鉄板に亜鉛コーティングを施したもので、低コストでありながら、適度な耐久性を持ちます。しかし、錆びやすいのが欠点で、定期的な塗り替えが必要です。波型が一般的で、その形状によって雨水の排水性が良く、施工も比較的簡単に行えます。

ガルバリウム鋼板(横葺き)

ガルバリウム鋼板はアルミニウムと亜鉛の合金コーティングを施した鋼板で、非常に優れた耐錆性と耐久性を誇ります。横葺きは美観が求められる住宅の屋根や壁面にも使用され、そのスタイリッシュな外観が現代的な建築デザインに好まれます。また、重量が軽く、耐久年数も長いため、メンテナンスコストを抑えることができます。

金属屋根の基礎知識

アスファルトシングル

アスファルトシングルは、アスファルトを主成分とした屋根材で、北米で最も一般的に使用されています。その手頃な価格、施工の容易さ、そして多様な色やスタイルが提供されることから、世界中の多くの住宅で採用されています。

ポイント3 リフォームでおすすめの屋根材は何か?

断熱屋根(エスジーエル鋼板)

リフォームを考える際、特に断熱性を高めたいと考える家庭におすすめの屋根材は、エスジーエル鋼板です。エスジーエル鋼板は、優れた断熱性と耐久性を兼ね備えた金属屋根材で、エネルギー効率の向上を図ることができます。この屋根材は特に、寒冷地や夏の暑さが厳しい地域の住宅に適しており、屋内の温度を一定に保つことで暖房費や冷房費の削減に貢献します。

エスジーエル鋼板は、その軽量性により、既存の屋根構造への負担が少ないため、特にリフォームでの使用に適しています。また、表面が特殊コーティングされているため、錆びにくく、耐候性にも優れているのが特徴です。施工も既存の屋根材を撤去せずに、上から重ねることができるため、工事期間とコストを抑えることが可能です。

おすすめのエスジーエル鋼板製の断熱屋根「スーバーガルテクト」

「スーバーガルテクト」は、エスジーエル鋼板を用いた断熱屋根材の中でも特に推薦される製品です。この屋根材は、高性能な断熱コアと耐久性のある外層で構成されており、屋根からの熱損失を大幅に減少させることができます。特に、断熱コアは夏の熱を効果的に遮断し、冬の暖かさを逃がさないように設計されています。

断熱屋根(ガルバリウム鋼板)

リフォームにおいて高い断熱性と耐久性を求める場合、ガルバリウム鋼板は非常におすすめの選択肢です。ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の合金コーティングが施された鋼板で、このコーティングにより優れた耐錆性と耐候性を実現しています。特に、屋根リフォームに適しており、既存の屋根材の上から直接施工できる場合が多いため、工事の手間と時間を削減できます。

ガルバリウム鋼板はその軽量性により、既存の屋根構造に過度な負担をかけずに設置が可能です。また、熱伝導率が低いため、夏の暑さや冬の寒さを効果的に遮断し、屋内の温度を快適に保つことができます。このように、エネルギー効率の向上に寄与し、冷暖房コストの削減にもつながります。

おすすめのガルバリウム鋼板製の断熱屋根「横暖ルーフαS」

「横暖ルーフαS」は、ガルバリウム鋼板を使用した断熱屋根材で、特にリフォーム市場において高い評価を受けています。この製品は、通常のガルバリウム鋼板に加えて高性能な断熱材を内蔵しており、優れた断熱効果を提供します。さらに、特殊な表面処理が施されているため、太陽光の反射率が高く、夏場の屋根表面の温度上昇を抑えることができます。

「横暖ルーフαS」は、その設置が容易で、既存の屋根材の上から直接施工可能な点も魅力の一つです。また、耐久性とメンテナンスのしやすさに優れ、長期にわたって屋根の性能を維持することができます。リフォームを考える際に、エネルギー効率の向上と長期的なコスト削減を目指す家庭には、特に推薦される屋根材です。

石粒付き鋼板

リフォームでの屋根材選びにおいて、石粒付き鋼板はその美観と機能性で注目される選択肢です。石粒付き鋼板は、金属の基材の上に石粒を融合させた屋根材で、天然石の風合いと金属の耐久性を兼ね備えています。この屋根材は、耐候性に優れ、色褪せやサビに強いため、長期間にわたって外観の美しさを保持します。また、石粒の層が太陽の熱を吸収しにくいため、夏場の室内温度上昇を抑える断熱効果も期待できます。

この屋根材の施工は、通常の鋼板屋根と同様に、屋根の下地に直接ネジ固定する方法が一般的です。しかし、石粒の付加により重量が増すため、建物の構造に適しているかの確認が必要です。石粒付き鋼板は、その耐久性と保温性から、リフォーム時に屋根のアップグレードを考える際の優れた選択肢となります。

おすすめの石粒付き鋼板「セネタ―」

「セネター」は、石粒付き鋼板の中でも特に品質と性能で高い評価を受けている製品です。セネターは、細かく均一な石粒が施されており、自然石のような風合いと洗練された見た目を実現します。この屋根材は、厳しい気候条件下でもその性能を維持するよう設計されており、雨音の軽減や優れた耐風性能を持っています。

セネター石粒付き鋼板のもう一つの大きな特徴は、その環境に優しい性質です。高い断熱効果により、冷暖房のエネルギー消費を減らすことができるため、エコフレンドリーなリフォームを考えている家庭に最適です。さらに、セネターはメンテナンスが容易で、定期的な塗装や表面処理の必要がなく、長期間にわたって低コストで使用できるため、コストパフォーマンスにも優れています。

縦葺きのガルバリウム鋼板

縦葺きのガルバリウム鋼板は、その現代的な見た目と実用性で、リフォームを考える際の優れた選択肢です。ガルバリウム鋼板はアルミニウムと亜鉛の合金でコーティングされた鋼板で、このコーティングが優れた耐錆性と耐久性を提供します。縦葺きはその名の通り、屋根の縦方向にパネルが設置されるスタイルで、水の排水効率が非常に良いのが特徴です。

この屋根材の施工方法は、パネルが屋根の下端から上端に向かって一列に並べられるため、見た目がスッキリとしており、建物に現代的な外観をもたらします。また、パネル間の接合部には専用の防水材が使用され、雨水の侵入を効果的に防ぎます。

おすすめの縦葺きのガルバリウム鋼板「立平」

「立平」は縦葺きのガルバリウム鋼板の中で特に推薦される製品です。この鋼板は、特に平滑な仕上がりが求められる住宅や商業施設の屋根に最適で、そのスタイリッシュな外観が建物の価値を向上させます。立平は、耐久性とメンテナンスの容易さを兼ね備えており、長期間にわたり優れた状態を維持します。

立平ガルバリウム鋼板の特徴は、その耐候性にあり、強い日差しや厳しい冬の条件下でも性能を維持します。また、縦葺きのため、風による影響を受けにくいというメリットもあります。これにより、風が強い地域でも安心して使用できる屋根材です。さらに、立平は色褪せにくい特殊なコーティングが施されているため、長年にわたって新しい外観を保つことができ、リフォーム後のメンテナンスコストを抑えることが可能です。

スレート屋根(樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦)

リフォームにおいて効果的な屋根材を選ぶ際、スレート屋根の一種である樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦がおすすめです。このタイプのスレート屋根は、従来のセメント瓦に樹脂と繊維を混入することで、耐久性を高めつつ重量を削減しています。その結果、屋根への負担を減らしながら、長期間にわたってその性能を維持することが可能です。

樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦は、耐候性に優れ、変形や割れが起こりにくいのが特徴です。また、優れた断熱性と音響性もこの屋根材の利点で、室内の快適性を向上させる効果があります。リフォーム時に既存の屋根構造を大きく変更せずに施工できるため、コストと工期を抑えることができるのも魅力の一つです。

おすすめのスレート屋根「ルーガ」

「ルーガ」は樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦を使用したスレート屋根材で、美観と機能性を兼ね備えた製品として推薦されます。ルーガは、自然石のような質感と色合いで設計されており、どのような建物にも自然に調和します。その表面は特殊な加工が施されており、色褪せや汚れが付きにくいので、長期にわたって外観の美しさを保つことができます。

ルーガの大きな特徴は、その設置の容易さにあります。軽量化されているため、既存の屋根の上に直接施工することが可能で、重い屋根材による建物への負荷を心配する必要がありません。また、ルーガは環境に優しい素材を使用しており、リサイクルが可能で環境負荷も低いため、サステナブルな建築材料を求める消費者にも適しています。耐久性とメンテナンスの容易さから、リフォームでの長期的なコスト削減にも貢献します。

陶器瓦

リフォームでの屋根材選びにおいて、陶器瓦はその耐久性、美観、そして自然素材としての魅力で非常におすすめです。陶器瓦は、粘土を成形して高温で焼き固める伝統的な製法で作られ、その結果、非常に硬くて丈夫な屋根材が得られます。この屋根材は、耐火性に優れているため、火災のリスクが高い地域での使用に適しています。

また、陶器瓦は、その自然な素材から放散される温もりと色合いが建物の外観を豊かに演出します。さらに、陶器瓦は吸水率が低く、凍結による破損のリスクが低いため、寒冷地でも性能を維持します。その天然の質感と色彩は、時間が経つにつれてさらに風合いが増し、独特の美しさを展開します。

おすすめ陶器瓦「軽量防災瓦」

「軽量防災瓦」は、従来の陶器瓦の利点を保ちつつ、現代の技術で軽量化と防災機能を向上させた製品です。この瓦は、特に地震や台風などの自然災害が頻発する地域において、その軽量性が建物への負担を減らし、災害時の安全性を高めます。

軽量防災瓦は、陶器瓦の伝統的な美しさを損なうことなく、強化された構造により耐震性が大幅に向上しています。また、表面には特殊なコーティングが施されており、雨水の浸透を防ぎ、苔や藻の発生を抑える効果もあります。このため、メンテナンスの手間が少なく、長期間にわたって建物の美観を維持することができます。

折板屋根

折板屋根は、金属屋根の一種で、特に大規模建築や商業施設のリフォームに適しています。この屋根材は、金属板を特定の形状に折り曲げて製造され、屋根全体に連続したパネルとして施工されます。折板屋根の主な利点は、その耐久性と耐候性です。金属の折り目が水の流れを効率的に導き、強風や豪雨に対しても優れた性能を発揮します。

また、折板屋根はカスタマイズが可能で、様々な色や仕上げ、厚みの金属板から選択できます。これにより、建物のデザインに合わせた美観を実現することが可能です。さらに、折板屋根はメンテナンスが容易であり、塗装や修正が必要な場合でも比較的簡単に対応できる点も魅力の一つです。

大型建築におすすめの金属屋根「折板屋根」

大型建築においては、折板屋根が特におすすめです。この屋根材は、大きなスパンでも支持構造に適応しやすく、大規模な屋根面を効率的にカバーすることができます。折板屋根の製造過程で折り目が入れられるため、構造的に強度が増し、重い積雪や強風にも耐える能力が高まります。

大型建築向けの折板屋根は、断熱材が内蔵されるオプションもあり、エネルギー効率の向上を図ることができます。また、折板屋根はそのモダンな外観と実用性で、商業施設や工場、倉庫など、多くの産業施設に適しています。耐久性と長寿命を考慮すると、リフォームコストの長期的な削減にも寄与します。そのため、大規模なリノベーションを考えている場合には、折板屋根が最適な選択肢となります。

屋根修理業者の探し方

屋根修理業者とは

屋根修理業者は、家屋や建物の屋根に関する修理、メンテナンス、改善作業を専門に行う事業者です。彼らは漏水の修復、瓦の交換、屋根材の補強など、さまざまな屋根の問題を扱います。信頼できる屋根修理業者を選ぶ際には、その業者が持つ資格、過去の実績、顧客からの評価などを確認することが重要です。また、保険適用作業を扱えるかどうかも、契約前に確認すべき点です。

板金工事会社とは

板金工事会社は、主に金属製の屋根材を使用して屋根を修理または製作する専門業者です。これには、金属屋根の取り付け、雨どいの設置、チムニーキャップの修理などが含まれます。金属屋根は耐久性が高いため、特に産業施設や商業建築において選ばれることが多いです。板金工事会社を選ぶ際は、使用する材料の種類や技術の専門性を確認し、その技術が特定の屋根の要件に適しているかを検討することが大切です。

外壁塗装会社が提供する屋根修理に注意

外壁塗装会社が屋根修理も手掛けるケースがありますが、この際には特に注意が必要です。外壁塗装を専門とする会社が屋根の専門知識や技術を十分に持っていない場合があり、不適切な修理が原因で将来的にさらなる損害を引き起こす可能性があります。屋根修理を依頼する際は、その業者が屋根工事に関して適切な訓練を受け、適切な許可や認定を有しているかを確認しましょう。

倉庫の有無をチェック

屋根修理業者を選ぶ際には、業者が倉庫を有しているかどうかをチェックすることも一つのポイントです。倉庫を持つ業者は、必要な材料を迅速に提供できる可能性が高く、修理の待ち時間が短縮される場合が多いです。また、倉庫があることは、その業者が安定した運営をしている証拠でもあります。必要な材料を常に手元に保持していることは、緊急の修理が必要な場合にも迅速に対応できるため、非常に重要です。

屋根修理の方法・費用・業者選びに関するページ

屋根修理・雨漏り・葺き替え 屋根のトラブルが解決できるのは『LOVE STYLE』
無料での屋根調査を安心の長期保証でご案内!自社施工のため、低価格でお悩みを解決できます。ぜひお気軽にお電話ください。

LOVE STYLE