外壁塗装(外壁塗装、屋根塗装)の費用相場とは? 外壁塗装をするべき時期や適正価格、塗料の選び方などをご紹介します!

築年数が経ったので外壁や屋根を塗装したい、自然災害で外壁や屋根の塗装が剥がれて修理が必要になった・・・など、塗装をご検討でしょうか。
塗装の相場塗料の種類など、基礎的な知識を持っておくと、悪徳業者と高額な契約をしてしまったり、いい加減な工事でまたすぐに修理が必要になってしまうなどといったトラブルを未然に防ぐことができます。

このページでは、外壁塗装や屋根塗装の際に知っておいていただきたい知識を、多数の外壁、屋根塗装実績のあるLOVE STYLEがご紹介します。

外壁・屋根塗装を
するべきタイミング

外壁・屋根塗装の目的は建物の美観を保つことと、外壁、屋根を保護することにあります。一般的に塗替えは10年に一度が目安と言われています。しかし塗替えのタイミングは使用している屋根材や外壁材、塗料によって違いがあります。

塗替えをする適切なタイミングを見極めるためには、屋根や外壁の状況を実際に確認することが大切です。ここでは塗装を行った方がいい劣化状況をお伝えいたします。

外装の色褪せ
色褪せ
外装の色あせは放っておくと劣化に繋がります。主な原因として酸性雨や紫外線があげられます。色褪せは清掃と違い洗浄等で落とせるものではありません。撥水性がなくなり時間の経過とともに水が浸入し腐食の原因に繋がります。
チョーキング
チョーキング
白亜化現象ともよばれます。顔料が粉状になり、手で触ると白い粉のようなものが付着します。年月の経過とともに塗料の撥水性が無くなり、水の侵入により家屋が腐敗していきます。原因としては紫外線や酸性雨もあげられますが、塗料を塗布するさいの調合や洗浄する際に十分汚れを落としきれていないことがあげられます。放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがあります。
塗膜の膨れ・はがれ
塗膜の膨れ・はがれ
膨れや剥がれの原因としてあげられるのが雨水の侵入・溶剤系塗料の不良塗布です。雨水がひび割れ等から侵入し、塗膜の内側に入り込み水膨れのようになります。放置すると家屋の腐敗やシロアリを呼び込む原因に繋がります。溶剤塗料の不良塗布は、塗布する際に下地塗料を乾燥しない状態で塗っていることが原因としてあります。
外壁のクラック(ひび割れ)
外壁のクラック(ひび割れ)
0.3mm程度のひび割れ(ヘアークラック)の原因は、紫外線や塗料の経年劣化があげられます。0.3mm以上のひび割れ(構造クラック)は、構造体のズレが生じひび割れることが原因で、緊急性が高く早めの補修が必要となります。
外壁のシーリング材の塗膜はがれ、割れ
外壁のシーリング材の塗膜はがれ、割れ
ALC外壁の継ぎ目によく使用されているシール材は、年月が経つと劣化しヒビ割れやヤツレが目立ちます。原因としてはシーリングが硬化し粘着性がなくなってひび割れ等を起こすことが考えられます。シール材が劣化している場合は「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、目地部分からの雨水の浸入を防ぐ必要があります。10年周期で打ち換えをお勧め致します。

外壁・屋根塗装の費用相場

一般的に外壁塗装80万円から、屋根塗装40万円からが相場です。ただし塗る面積や塗料の種類、外壁・屋根の状態によって変動する場合があります。 塗装にかかる主な費用は塗装代、工事代(人件費、高圧洗浄費、養生費、諸経費など)、足場代、業者の利益で構成されています。

塗装工事の費用相場一覧

工事項目相場価格
高圧洗浄100~300円/㎡
養生250~400円/㎡
飛散防止ネット100~200円/㎡
足場代100~200円/㎡
付帯塗装工事
軒天800~1,200円/㎡
雨樋800~1,200円/㎡
破風板650~800円/㎡
縁切り500円/㎡
諸経費
現場管理費1式 3~5万円
廃材処理費等1式 1~3万円

塗料別の費用相場一覧

塗料耐用年数費用
アクリル約3~5年1,500~1,800円/㎡
ウレタン約8~10年1,800~2,200円/㎡
シリコン約10~15年2,500~3,800円/㎡
フッ素約15~20年3,000~5,000円/㎡
(変性)無機約20年~5,000~5,500円/㎡

※塗料の費用は、耐久年数が長いほど高く、耐久年数が短いほど安い傾向にあります。
※上記はあくまで目安です。塗料メーカーや製品によっても価格が異なります。

塗装費用を安く抑えるこつとして、各自治体の補助金を使用するのがおすすめです。自治体によっては10万~20万円程度の補助金が出る場合もあります。一般的に塗料の単価は業者によって変わりません(塗料の材料を変えれば別)。

\自社施工で安心価格!/

LOVE STYLEの施工料金表はこちら

外壁塗装・屋根塗装の工程

塗装工事では、作業一つ一つの工程(流れ)や工事内容がわかりずらく、塗装前に心配される方が多いです。
工程を知り、工事期間中に注意したいことも見て頂き、安心して屋根や外壁の塗装を迎えられるよう準備をしましょう。

全体的な塗装工程

足場の設置
足場の設置(足場組立・養生ネットはり)
屋根塗装には、効率性・安全性を上げるために作業用足場が必要です。職人さんが安全に確実な作業をするために、また足場崩壊による事故を起こさないためにも、足場の設置はとても重要な作業です。
足場を組む際に一般道に接している場合や公道にトラックを駐停車する場合、道路使用許可を一週間前以上から申請します。足場の材料を運び入れて足場を組み、塗料の飛散を防止するための覆いである「養生」や、メッシュシートなどを取り付けます。屋根の場合もネットを張ります。荷物の置き場や昇降機械用にステージを設けます。一般住宅では都内では昇降階段を設けるスペースがないので昇降は付けない場合がほとんどです。3階建ての一般住宅では約1日で組立て、半日で解体が可能です。
高圧洗浄
高圧洗浄
屋根にこびりついたカビやコケ、藻、汚れ、ほこりを高圧の水流によって洗い落として、塗料の接着をよくします。古い汚れが残ったままでは塗料がすぐに剥げてしまいます。高圧洗浄機がかけられない部分は、ブラシなどを使って手作業で汚れを落としていきます。洗浄しながら屋根や屋根の劣化具合、傷みの詳細な状況をしっかり確認していきます。
下地調整(下地処理)
下地調整(下地処理)
塗装の下地調整は塗装一番重要な工程です。屋根や壁にひび割れや欠けがあった場合は、塗装の前にひとつひとつコーキングで補修します。割れが大きいところは屋根の差し替えを行なうこともあります。
さらに下地処理では、塗装前の塗装面をヤスリやサンダーで削ったり、サビを取ったりするなど、「ケレン」という作業によって下地をきれいに整えます。
養生(マスキング)
養生(マスキング)
家には塗料がついてしまうと不都合な場所がたくさんあります。アルミサッシ、窓、地面の床、植木や植物などです。養生とは、屋根以外に塗料がついてはいけないところを、テープ・新聞紙・ビニールシートなどで覆って保護することです。
養生は塗装において下地処理と同等の重要性があります。外装塗装において下地4割・養生4割・仕上げ2割と言われるほどです。養生をしっかりと取り付けることにより飛散防止や作業状況の効率化、高品質な仕上がりを確保できます。
下塗り
下塗り
塗装の工程は3回塗りが基本です。したがって最低でも3日の期間をみておかなければいけません。
下塗りの主な役割は、屋根材と上塗り塗装との間の接着剤、細かなひび割れの補修です。この工程がないと、どんなに良い塗料を使っても剥がれたり色ムラが出たりしてしまいます。品質・仕上がりに関わるとても重要な工程です。
下塗り材は一般的に、シーラー、フィラー、プライマー等があります。下塗りをする際には用途によって異なるので注意が必要です。シーラーとは上塗り塗料が下地に吸い込まれていくのを防ぐ役割、フィラーとはモルタル壁の補強にも適しておりクラックや凹凸がある場合表面を平らにする役割があります。
縁切り(タスペーサー設置)
縁切り(タスペーサー設置)
縁切りとはスレート屋根(コロニアル)の塗装の際に必要な工程です。塗装を塗ると屋根材の一枚一枚がくっ付いてしまいますが、縁切りすることで結露やクラック等からの水滴を外に逃がせるようになります。
タスペーサーとはスレート屋根に差し込む雨漏り防止部材です。最近は屋根材の間に隙間を作る道具を使うことが多いです。タスペーサーを使う場合は、下塗り後に入れ込みます。
縁切り施工は塗装が完了して2~3日経過後に皮鋤(かわすき)やカッターで継ぎ目の塗料を切っていく工程です。
広告やネットで安く塗装致しますとよく見受けられます。中には縁切り等の工程がお見積りに入っていない場合は数年後に屋根を痛めてしまう場合があるので、申し込んだ際にお見積りの中に縁切りが入っているか確認することが必要です。
中塗り
中塗り
中塗りは古い外壁の仕上げをよくするため(旧膜適正)に必要です。外装との付着力を高めて、高い耐久性の塗膜にする役割もあります。使用塗料は仕上げ塗りの塗料やサーフ(用途的に下塗りでの施工業者もいる)等です。
中塗りを行わないと仕上げ材が剥がれやすいので、施工方法上欠かせない工程です。
上塗り
上塗り
上塗りは塗装工程の最後の仕上げ塗りです。紫外線・雨水・炭素ガス等からの保護の役割もあり、上塗りで美観と耐久性がきまります。一般的に中塗りと同じ材料を使用し、中塗りでは補えなかったムラなどを上塗りで塗り込んでいきます。
仕上がり
仕上がり
足場を撤去する前に養生や塗り残しを再度確認し、塗り残しや養生を剥がした時に塗膜が付着した場合再度修正します。高所の建物の場合(4階以上)は足場仮設が壁控えを取っているので、アンカーにシール材を打った後仕上げ材でその部分を塗布し仕上げます。
点検と手直しには最低1日はみておくとよいでしょう。

調査・見積り無料!
“必要な修理”をご提案します

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)
メールでお問合せする LINEでお問合せする

火災保険で
塗装工事が無料になる?

工事の規模や内容によって、屋根、外壁塗装の費用は高額になることもあります。しかし、塗装が必要になった理由が経年劣化ではなく、台風や突風などの自然災害によるものであれば、火災保険の保険料を利用して外壁塗装、屋根塗装の費用負担を軽減することができる可能性があります。

自然災害で屋根・雨樋・外壁などの修繕が必要になった場合 火災保険や共済を利用できる場合があります

火災保険が認められる条件、
必要なものは?

火災保険の保険金を受け取るためにはいくつかの条件があります。ご自身が加入した火災保険の条件もご確認ください。

  • 損傷の原因が経年劣化ではなく自然災害(台風や積雪、雹など)である
  • 修理が必要になってから3年以内である
  • 修理費用が20万円以上(足場代等も含む)

保険の申請に必要な書類は、「保険金請求書」と「修理見積書」「被災個所の写真」です。
このうち「修理見積書」と「被災個所の写真」は屋根修理会社が用意をします。

火災保険の申請には、いつどのような災害で被災したのかを明確にした上での修繕の見積もりが必要になりますが、見積書の作成依頼は、できる限り「屋根修理専門の工事会社」におこなうことをおすすめします。一般的なリフォーム会社や装工事会社、火災保険申請代行会社などに依頼すると、下請けの業者に外注する前提での見積りになるため、見積金額が高額になります。過度な請求とみなされると保険金の支払いが遅れたり、支払いが拒絶されることもあります。

保険金の使い方

火災保険で支払われるのは原則「原状復旧」、破損した「部分」のみの復旧工事が対象となります。もとの外壁、屋根よりもグレードアップしたリフォームしたり屋根、外壁全面を改修する場合、グレードアップした分の差額が自己負担となります。

一方で、保険金の使い道は保険契約者の自由です。
異常気象により毎年のように大型の台風が襲ってきたり大雨が降るなかで、火災保険を用いて部分修理をおこなったとしても、部分修理だけでは繰り返し同じ被害が再発することも考えられます。
自己負担は避けられませんが、保険金を「葺き替え工事や屋根カバー工法などの全面改修費用の一部として活用」し、長く安心できる屋根工事を一回で済ませることも一つの選択肢といえます。

\保険申請サポートします!/

火災保険の利用について

屋根、外壁塗装業者の選び方

外壁塗装、屋根塗装業者は数多くあり、普段見えない部分の修理などは不正もわかりにくく、業者についてよく把握しておかないと施工不良やトラブルの原因になることもあります。塗装業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

法外な工事費 保険の悪用 施工不良… 悪徳業者・詐欺にご注意ください!

悪徳業者の特徴

屋根、外壁塗装を行う業者の中には悪徳業者も存在しています。特に、訪問業者によるトラブルが消費者センターに報告されています。

悪徳業者

悪徳業者がよく使う訪問販売の手口は、以下の6つがあります。

  • 突然訪問してきて屋根の修理を提案してくる
  • 10万円以上の大幅な値引きで契約を迫る
  • 見積書が簡易的なもの
  • 「今だけ」「キャンペーンで安くなる」など契約を焦らせる
  • 「今契約しないと担当が変わる」など情に訴えてくる
  • いつでも解約できると言って仮契約を迫ってくる

悪徳業者に屋根、外壁塗装を頼んでしまうと手抜き工事をされたり、費用を水増しされて無駄な出費がかかったりすることもあります。

どんな業者に頼めばいい?

屋根塗装、外壁塗装が頼める業者には、いくつか種類があります。

  • ハウスメーカー・工務店
  • リフォーム業者
  • 屋根、外壁塗装の専門業者

家を建ててから10年未満であれば、家を建てたハウスメーカーや工務店に相談するとよいでしょう。
新築から10年以内は「瑕疵担保責任期間」が設けられていて、新築から10年以内に雨漏りなどが起きた場合、家を建てた業者に修理を頼める可能性があります。

一方、家を建ててから10年以上経過している場合「瑕疵担保責任期間」に当てはまらないので、屋根、外壁塗装費自体はどの業者に修理を頼んでも同じくらいの費用がかかります。
屋根、外壁塗装だけ行う場合、メーカーや工務店、リフォーム業者に依頼すると、実際の作業は依頼した業者とは別の塗装業者が下請けとして行う場合があります。下請け、孫請けと別の業者に修理依頼が渡されていくと、中間マージンが発生して費用が高くなる可能性があります。費用を抑えるなら、自社施工する塗装業者に直接依頼するのが良いでしょう。
また、塗装業者であれば、屋根に関する専門的な知識や技術を持っています。費用面だけでなく品質の面でも、屋根、外壁塗装の専門業者を選ぶことは選択肢の一つとして挙げられます。

\施工後も長期のお付き合い/

10年保証・アフターサービス

良い屋根、外壁塗装業者の選び方

屋根工事業者

悪徳業者とは逆に、優良業者を選ぶ方法をご紹介します。

  • 複数の業者に見積もりを依頼する
  • 評判や口コミを参考にする
  • 施工実績や施工例を確認する
  • 自分でも塗装に関する知識を付ける

業者によって費用は異なるので、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することが大切です。自分の屋根塗装、外壁塗装の条件に合った費用がどの程度かわかり、安く工事できる塗装業者を選ぶことができます。また、複数見積もり・相見積もりを嫌がる業者は、悪徳業者や質の低い業者の可能性があるので避けることができます。
いっぽうで、価格が安すぎると工事がずさんな場合もあるので、金額的な面だけで判断するのは避けた方がいいでしょう。

施工実績や業者の評判を参考にすることも、良い業者選びにおすすめです。誰かがその業者を利用して、良い感想であれば、良い業者である可能性は高まります。また、実際にどのような工事をしたのかをWEBサイトに掲載している業者も数多くあるので確認してみましょう。

また、修理後に施工完了報告書を出してくれたり、施工中の写真などを共有してくれる業者もあります。顧客へのフォローが手厚いかどうかも、信頼して任せられるかどうかの目安になります。

LOVE STYLEは自社の職人による安心の自社施工。知識を持った職人の責任ある工事と充実したアフターサービスで、多くのお客様からご依頼いただいております。

\確かな施工で実績多数/

LOVE STYLEが選ばれる理由

まとめ

外壁塗装、屋根塗装の費用相場は?
塗装の規模や状態、施工内容によって金額が大きく異なります。費用相場は参考の費用として紹介しておりますので、詳しい費用を知りたいお客様は無料診断をご利用ください。LOVE STYLEは、ご相談から屋根調査、お見積りまで無料です。
費用負担を安くするには?
台風などの自然災害が原因の場合、火災保険や共済を利用することが可能です。火災保険を利用した場合、費用負担なく修理可能な場合があります。
また、自社で施工する業者を選ぶことで、中間マージンがかからない分費用を削減することができます。

屋根修理専門店「LOVE STYLE」は熟練の職人による直接施工!だから、高品質、リーズナブル

対応エリア

東京都を中心に埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県など、関東地方の屋根のリフォームへお伺いします。
雨漏りや屋根の塗装、葺き替えなど、屋根のお悩みがあれば無料診断いたします。

屋根の無料診断実施中!お気軽にお問合せください♪

世田谷区周辺スグにお伺いします!

屋根修理業者 LOVE STYLE

〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-22-25
フリーダイヤル: 0120-494-978

無料診断対応エリア

東京都
神奈川県
埼玉県
  • さいたま市
  • 岩槻区
  • 浦和区
  • 大宮区
  • 北区
  • 桜区
  • 中央区
  • 西区
  • 緑区
  • 南区
  • 見沼区
  • 上尾市
  • 朝霞市
  • 伊奈町
  • 入間市
  • 小鹿野町
  • 小川町
  • 桶川市
  • 越生町
  • 春日部市
  • 加須市
  • 神川町
  • 上里町
  • 川口市
  • 川越市
  • 川島町
  • 北本市
  • 行田市
  • 久喜市
  • 熊谷市
  • 鴻巣市
  • 越谷市
  • 坂戸市
  • 幸手市
  • 狭山市
  • 志木市
  • 白岡市
  • 杉戸町
  • 草加市
  • 秩父市
  • 鶴ヶ島市
  • ときがわ町
  • 所沢市
  • 戸田市
  • 長瀞町
  • 滑川町
  • 新座市
  • 蓮田市
  • 鳩山町
  • 羽生市
  • 飯能市
  • 東秩父村
  • 東松山市
  • 日高市
  • 深谷市
  • 富士見市
  • ふじみ野市
  • 本庄市
  • 松伏町
  • 三郷市
  • 美里町
  • 皆野町
  • 宮代町
  • 三芳町
  • 毛呂山町
  • 八潮市
  • 横瀬町
  • 吉川市
  • 吉見町
  • 寄居町
  • 嵐山町
  • 和光市
  • 蕨市
茨城県
  • 阿見町
  • 石岡市
  • 潮来市
  • 稲敷市
  • 茨城町
  • 牛久市
  • 大洗町
  • 小美玉市
  • 笠間市
  • 鹿嶋市
  • かすみがうら市
  • 神栖市
  • 河内町
  • 北茨城市
  • 古河市
  • 五霞町
  • 境町
  • 桜川市
  • 下妻市
  • 常総市
  • 城里町
  • 大子町
  • 高萩市
  • 筑西市
  • つくば市
  • つくばみらい市
  • 土浦市
  • 東海村
  • 利根町
  • 取手市
  • 那珂市
  • 行方市
  • 坂東市
  • 常陸太田市
  • 常陸大宮市
  • 日立市
  • ひたちなか市
  • 鉾田市
  • 水戸市
  • 美浦村
  • 守谷市
  • 八千代町
  • 結城市
  • 龍ヶ崎市
千葉県

対応エリアを詳しく見る

無料相談・お問合せ

屋根・雨漏り・雨樋のトラブル相談!現地調査・お見積り無料!!

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)

  • メールでお問合せ
  • LINEでお問合せ