港区で築浅物件の雨漏りに対応しました。

港区のT様から雨漏りの連絡がありました。
T様のお宅は築3年の木造住宅です。
最近は信じられないことに築年数が浅いのに
雨漏りがある家が少なくないのです。雨漏りが発生すると、
足場をかけて検査や補修をすることになるので、居住者
の負担は大きいのです。そういう家を供給している会社は、
自社の仕様を見直し、現場できちんと施工がなされるように
職人を集めた研修をするなど、対策すべきでしょう。
雨漏りをしない仕様と施工水準を確保することは、
いくいくは、会社にとってもお客様(住まい手)にとっても
win winのはずです。
我々は雨漏りのプロですが、、
それでもいまだ、「雨漏り対処法に決定打は無い」という
結論に達しています。原因も様々、建物のつくられた
工法も様々、素材も様々な上、要因が複合的に絡み合って
いることも少なくないわけで、その時その時の最善策を
取るしかないのです。例えば、サッシと外装材との間に
シーリングを施すなどの方法が一般的にとられるのですが、
これでは漏水が止まらないこともしばしばあるのです。
外装材の上から塗布できる樹脂系の防水材が耐用年数の
長いものがないからです。
また、部分的に外装材を剥がしてシートやテープを張り
直す方法もありますが、リスクを伴います。例えば、窓周り
の外装材をはがしてシートを切って張り直したとします。
シートの継ぎ目には幅100mmほどの重ね代が必要に
なるなど、施工がかなり難しいのです。補修した結果、
窓回りの雨漏りは解決したけれど、今度は継ぎ目部分から
雨漏りが生じるなど次から次へと雨漏り箇所をつくる
ことになりかねないのです。本当に雨漏り工事は難しい
のです。

築浅物件

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP