緩勾配の場合の雨漏り修理(港区)

港区のY様から雨漏りの連絡がありました。
まずはドローンで屋根調査をします。
調べてみると、屋根を葺いている金属板
の一部に隙間ができていて、そこから雨水が浸透した
ことが分かりました。
その部位を剥がしてみると案の定、下地材は消耗しきっておりました。
Y様の屋根はとても勾配が緩いのです。
こういう緩い勾配の屋根は、雨水の滞留時間が
長くなるので、どうしても劣化しやすくなります。
早速下地を新しくすることからはじめました。
現状の形状を活かしながら平葺きで施工しました。
勾配も少しつけました。
屋根の勾配は急なものと緩いものとそれぞれ長所、
短所があります。急勾配の長所は、
雨水がすぐ流れるので、屋根が劣化しにくいし、
雨漏りもしにくくなります。
屋根も大きく見えるので見た目も
良くなります。短所は、屋根の面積が
増えるし、工事の際足場が必要になるので、
のでどうしてもコストがかかります。
雪国では、毎年雪下ろしが必須となるわけですが、
屋根はあえて勾配を大きくはしていません。
なぜなら、勾配の大小にかかわらず雪が積もるのはやむを得ず、
もう雪下ろしは避けられないということで、、
雪かきをする人の安全性を考えて緩い勾配を使用します。
緩い勾配の長所、短所は、急こう配と全く逆になります。

緩い勾配

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP