港区で塗り替えによる屋根修理

港区のF様より屋根が色あせて外観上良くないので、塗り替えを希望する
という連絡が入りました。屋根の塗装は主に見た目の点で塗り替えを
検討される方が多いのですが、実は性能的な面で建物の寿命を長くするために
お勧めしています。建物の屋根や外壁は、日光や雨、排気ガスなどにさらされているため、
思っている以上の負荷がかかっています。その負荷を可能な限り和らげるのが、
塗料の役割なのです。そかし、その塗料も日光によって劣化します。
塗料が劣化したままでは建築物の保護を果たせなくなるため、塗り替えが
必要なのです。目安を申し上げますと、
外壁:6~15年
屋根:6~10年
木部:3~5年
鉄部:3~5年

次に色あせ以外塗り替えのタイミングの目安となる兆候を
ご紹介します。

(1)チョーキング(白化現象)
壁の表面を手でこすると白い粉状になっているのがチョーキングと言われる
白化現象です。

(2)反り・ひび割れ
チョウーキング後に反りが発生します。反りによりサイディングが縮むため
ひび割れが生じるのです。

(3)雨樋の劣化
雨樋は基本塗装には適していないのですが、素地のまま放置して劣化してしまい
ます。そういう時は剥がれやすいですが、塗装するのが良いでしょう。
雨樋は平均7~10年で劣化すると言われています。

建物の塗装のメンテナンスが必要なことは上記でお伝えしましたが、
価格が気になるという方、どんな塗装方法がいいかわからない、と言う方
ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

チョーキング現象

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP