港区で屋根修理を行いました。

港区のN様より、屋根点検の依頼があり、伺ってまいりました。
N様の屋根はスレート屋根です。ひび割れが数か所見つかりました。
今のところ雨漏りは無いとのことでしたので、差し替えで済む
かどうか下地材を見て検討することにしました。
下地材を調べたところ、問題がないことがわかりましたので、N様
1枚すべて交換するか割れた部分を補修するかをN様に選んでいただくこ
とにしました。本当は1枚まるごと交換する方が理想なのですが、
屋根材も年々新しいものが開発され、以前の古い製品の在庫
が無い場合もあります。その場合は、似たもので代用
するか接着剤で補修するかになります。どちらにせよ
この工事は、はじめに割れた屋根材を抜く作業が
ありますので、下地のルーフィング材を傷つけない
よう慎重に行う必要があります。
スレート屋根は、安くデザイン性が高いので、今や
住居の屋根材として欠かせない存在になっています。
スレート屋根の主原料はセメントです。セメント
を利用することで、軽量化でき、地震の揺れを
小さくすることができるというメリットがあります。
しかし、軽いが故のデメリットもあります。それは、耐久性や強度が
小さくなってしまうこと、つまり割れやすいことです。
最近は、異常気象が多いので、強風の際、飛来物が飛んできて
割れてしまった、とか大粒の雹(ひょう)が降ってきて
割れてしまったという例も耳にします。

割れた屋根材

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP