[ジメジメする時期に建物にも必要な換気と除湿]>中野区

ご住所
東京都中野区
ご依頼内容
屋根修理
使用材料

スタッフより

梅雨明け間近に暑さと湿気が大変なこの頃ですが建物にも換気と除湿が大切です。
その効果が十分期待できる機能のひとつに『棟換気』があります。
中野のF様より屋根の葺き替えと共に換気と除湿についてご相談をいただきました。お話を伺うと梅雨や夏の時期は2階の部屋が蒸し暑く、冬は結露で悩んでいるという事です。
夏は屋根からの太陽光で天井の温度が上がってしまいます。
冬は暖気が上へ上へと昇るので、2階の天井付近は外との温度差で結露してしまいます。
これによって雨漏りと間違えていたお客様もいらっしゃいます。

解決するには内部と外部の温度差をなくす事と、換気と除湿が必要です。
『棟換気』とは屋根の棟に穴を開け、そこから熱気と湿気を出すシステムの事です。
屋根の棟に穴を開けて雨は入って来ないのか、とF様は心配されていらっしゃいましたが、特殊な金属製の板なので、空気は通しますが雨を通す心配がありません。
これによって屋根裏の湿度を調整でき、結露によるカビの発生も予防できます。
ジメジメと蒸し暑さ、結露に効果が期待できると、F様にもご検討いただく事になりました。
棟換気は屋根の形や屋根材によって種類が用意されていますので、詳しくはお問い合わせください。

天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
この判断は難しいものですので一度ご相談ください。
LOVE STYLEでは7m以上の高さまで屋根調査が可能です。
屋根のプロによる無料診断を是非ご活用ください。

無料相談・お問合せ

屋根・雨漏り・雨樋のトラブル相談!現地調査・お見積り無料!!

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)

  • メールでお問合せ
  • LINEでお問合せ