世田谷区で雨天でないのに雨漏り修理

世田谷区のK様から雨漏りの連絡がありました。
雨天でもないのにどうして雨漏りするのか不思議がっておられました。
調べてみますと、化粧スレートのケラバ部分から雨漏りした模様です。
ケラバ部の捨て水切り上で、土・埃が
化粧スレートの尻部に詰まっており、雨水が水切りからオーバーフロー
したようです。その水が釘穴を通して、徐々に野地板に染み込んでしまって
いました。実際、化粧スレート、アスファルトルーフィングを剥がして
みると、野地板に浸水した跡が見られました。かなり屋根の中央側まで
跡が繋がっていることが確認できました。K様に限らず、「雨でもないのに
何故雨漏り?」という事例が本当に多いです。しかも冬季は、温度差で
結露という現象もあるのでますます浸水の可能性が増えるのです。
住まい手が気づかないこうした浸水が頻繁に起こって、湿った野地板から屋根
層に継続的に水分が供給されているのです。こういう現象に心当たり
がある方はまず、換気。それでも改善しない場合は是非ご相談ください。
やっと結露から解放される季節になってきました。
しかしこういう時期でも雨漏りは依然としてあります。雨天でなくても、徐々に
水や湿気が侵入して大きなトラブルを引き起こす例は少なくありません。
住まい手が気づかぬうちに、柱や壁などの腐朽がすすみ、耐震性を低下
させる恐れもあります。

雨天でないのに

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP