世田谷区でサッシ上部からの雨漏り修理 -2-

昨日のブログの続きになります。
N様のお宅でもう1点気になることがありました。
それはサッシ上部のまぐさが外側に張り出していたことです。
この状態ですと、まぐさの上に雨水がたまり、雨漏りの原因になります。
このような納まりになった要因をたどると、
この家を構成する通し柱、間柱の寸法がそろっていないことに気が付きます。
さらに、サッシのつば、防水テープ、透湿防水シートの
外壁材が密着し通気層を塞いでいるので、通気層から流れ出た
雨水がまぐさでせき止められる構造になっています。
正しい納まりは、通し柱と、間柱の壁厚方向の寸法をそろえて、
通し柱と、間柱の両方に胴縁を設置して通気層を確保することです。
以上のことから雨漏りがおこった経緯が明らかになりました。
1階のサイディング材のひび割れ部から暴風雨の際に雨が浸入。
雨水はまぐさの上部にとどまり、サイディングを留め付けたくぎ穴から
透湿防水シートの内側に入り込みます。さらに雨水はまぐさとサッシ枠の隙間
からサッシ枠上部のビス穴に到達して雨漏りを引き起こしました。
今回は、N様は住宅瑕疵担保責任保険を利用するということで、
全面改修することはできないので、ひび割れのあるサイディング材を交換し、
サイディング目地のシーリング材を打ち替えました。
また、今後の暴風雨に備えて、相じゃくり部分にもシンーリング材を
充填しました。

まぐさ雨漏り

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP