杉並区で屋根塗装を行いました

杉並区のS様が屋根の塗装を依頼されました。
現時点では雨漏りなどないため、塗装は外観を良くするためという
理由で依頼されたそうです。
じつは、屋根塗装は、外観のため以上に建物を維持するための役割が
あるのです。
建物の屋根は日光や雨、排気ガスなどにさらされているため腐食や
劣化により建物の寿命が短くなってしまいます。その劣化を可能な
限り防止するのが塗料の役割です。しかし、その塗料も日光によって
劣化します。塗料が劣化したままでは、建築物の保護を果たせなく
なるので塗装が必要なのです。予算など家庭により事情もあります
でしょうから、塗装のグレードで調節することが可能です。また、
一概に高い塗料が良いというわけではないので、要望にあった塗料を
選定すれば良いのです。次に代表的な屋根塗料をご紹介しましょう。

(1)ウレタン塗料
オーソドックスで比較的リーズナブルな塗料。とりあえず気軽に
塗り替えをしたい、といった場合には適しているかもしれません。
シリコンに比べて耐久性は高くないです。長期間持たせるにはより
グレードの高い塗料を使ったほうがよいでしょう。
耐久年数:7~10年

(2)シリコン塗料
耐久性が高いです。近年は価格も下がってきたのでコストパフォー
マンスもよくなりました。カラーバリエーションが豊富なので人気
のある塗料です。価格と機能のバランスがよいです。
耐久年数:12~15年

(3)フッ素塗料
一般的な塗料の中で、価格と品質ともに最高級。一般住宅の外壁に
使われることはほとんどありませんが、屋根は外壁に比べて周囲の
影響を受けやすいので、高い耐久性を求める場合は使われることも
あります。
耐久年数:15~20年

(4)ピュアアクリル塗料
アクリル塗料に含まれる可塑剤などの物質を排除したアクリル100%
の塗料。耐久性が高く、弾性と伸縮性も高いので防水性能が高いです。
性能が良い分、価格も高価。
耐久年数:15~20年

(5)光触媒塗料の特徴
次世代型の高機能塗料。太陽光で汚れを浮かせ、雨で洗い流すという
セルフクリーニング機能を備えています。また、周囲の空気を浄化す
る効果も期待できます。光が当たらないと機能を十分に発揮できない
欠点があります。
耐久年数:15~20年

S様は、なるべく塗装の回数を減らしたいということで、フッ素塗料を
選ばれました。

屋根塗装

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP