世田谷区でエアコン絡みの雨漏りに対応しました。-2-

昨日の続きになります。
エアコンを設置するときには、室内機と室外機の冷媒管やドレーン管
(排水管)でつなぎます。その際、内壁や透湿防水シート、外壁などに
穴をあけなくてはなりません。当然これは雨仕舞上の欠点になります。
穴の隙間をきちんと塞がないと、屋外の雨水が管類を伝って室内に
侵入する恐れがあるからです。
特に透湿防水シートの破断部は、入念な防水処理が必要です。

配管工事の穴あけは、住宅の新築時に実施するのが一般的です。
その方が配管回りの止水処理が容易で、将来のエアコン交換工事
もしやすいからです。
まず、内装工事がほぼ終わった段階で、内壁や透湿防水シートに
穴を開けます。その穴にスリーブを通し、防水シートの破断部に
十分な止水処理を施します、。最近のスリーブは「つば」がついて
いるので透湿防水シートがつがに重なるように設置をします。
つばの周囲に防水テープを貼って穴をしっかり防ぐことが重要です。
しかし、U様のケースでは、エアコンを交換せずに外壁を張り替え
たので、スリーブを通せなかったのです。そこで開口部に二つ割の
樹脂系部材を取り付けて、部材のつばに防水テープを貼りました。
明日に続きます。

エアコン2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP