雨漏りが疑われる新宿で屋根修理

雨漏りかもしれないと新宿よりご連絡いただきました。
F様によると冬は結露なのかと思っていたそうですが、
夏になって壁紙にも雨染みが広がってきたので初めて雨漏りを疑ったそうです。
屋根を調査したところ雨漏りの原因となる防水シートの劣化が確認でき、
修繕を行う事になりました。
防水シートは雨漏り修理には欠かせない物のひとつで、
野地板と屋根材の間に挟まれているので、
普段の生活では目にする事はありません。
そのぶん大田区の住宅のように屋根材の不具合から雨水が侵入し、
防水シートがボロボロになってしまい、
気付いた時には雨漏りしていたという事もあります。

1368_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4d0

防水シートは丁寧に重ねていく事が重要になり、
この見えない部分に施工不良があると、
後々また雨漏りリスクがあるだけでなく、
建物の基礎部分が雨水で腐食する事態になりかねません。
また防水シートも経年劣化するので、
屋根の見た目が綺麗でも、防水シートの機能を果たしていない場合もあります。
定期点検とメンテナンスが雨漏り防止に繋がります。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP