[天窓に雨水侵入を発見して屋根修繕]>新宿区

ご住所
東京都新宿区
ご依頼内容
屋根修理
使用材料

スタッフより

梅雨の晴れ間に建物のチェックをおすすめしたい場所のひとつに「天窓」があります。
普段の生活や雨降りの時は大丈夫でも、雨量が増えると屋根の上に長い間水が溜まってしまうので梅雨の時期だけ雨漏りがするといったケースがあります。
新宿区のH様邸では天窓から雨水が染み出していました。
天窓の雨仕舞いが甘くなっていたため、その影響から板金に隙間ができゴミや砂が入って水の逃げ道を塞いでしまったのです。
この場合コーキングの打ち直しで応急処置できますが、またすぐに雨漏りが発生する可能性が高いので下葺き材を天窓の枠まで立ち上げ、水が入らないように防水テープでしっかり塞ぎ水切りという板金を入れ替えます。
実際に生活してから想像以上に太陽の光が眩しい場合は天窓を撤去するという選択肢もあります。
屋根に穴が空いていると、穴が塞がれた状態より雨漏りのリスクが高いことが考えられます。

雨漏りを発見したら、いつ・どこで・どのようにと言う事をメモしたり写真を撮って記録しておくと調査がスムーズです。
火災保険が適用される場合、ご自身で申請する時間が無かったり書類を書くのが大変という方のために申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
LOVE STYLEではドローンによる屋根調査も実施しています。
屋根のプロによる無料診断を是非ご活用ください。

無料相談・お問合せ

屋根・雨漏り・雨樋のトラブル相談!現地調査・お見積り無料!!

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)

  • メールでお問合せ
  • LINEでお問合せ