瓦ズレは早めに対処しておきましょう。

雨漏り 瓦ズレ 漆喰 

屋根瓦がズレてしまっているというご相談を受けるケースが増えています。
このケースは放っておくとついには雨漏りが生じてしまいますので、早めの
対処がで必要です。
ちなみに瓦はどのようにしてズレ、雨漏りになってしまうのでしょうか?

瓦は時間の経過とともに劣化が始まり、劣化進行によって瓦自体に徐々にヒビや
剥がれが目立ってきます。そうなると雨風や地震などから瓦が動かぬよう守ってきた
漆喰の固定力が弱まり始め、瓦ズレが生まれます。ズレた瓦同士は自然災害などで
干渉しあって、結果、瓦が欠けたり、割れたりして、雨水が侵入し雨漏りが発生します。

対処法としては、改修と補正のため、新たに漆喰を塗りなおすことが必要です。
古い漆喰を取り除き、漆喰を塗る部分の表面をきれいにしながら手当てをし、
ズレてしまった瓦を並べ替えて、漆喰塗りをしていきます。
漆喰は瓦の接着や目地部分の充填などに使用されますが、漆喰自体も劣化を起こし、
瓦がズレてしまうこともありますので、定期点検などでしっかりとメンテナンスして
おきたいですね。

屋根の定期点検、修理の依頼やお見積りなど、屋根のことなら弊社にお任せください。
まずは下記までお気軽にお問い合わせください。
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com
フリーダイアル 0120-494-978

PAGE TOP