渋谷区でサッシ上枠の雨漏り修理 -2-

昨日の続きになります。
往々にしてサッシの上枠に水が溜まりやすいのですが、その解決策としては、サッシ
上枠と縦桟の間に10-15mm程度の隙間を設けることが有効です。
なぜならこの隙間によって雨水がサッシの上枠を移動することで、雨水が
たまることがなくなるからです。また、隙間を設けることで、
縦桟をサッシに突き付けて、縦桟をクギで留めるとしてシーリング
がつぶれて切れてしまうので、防水シート端部の捨てシーリング材を
保護することもできるのです。
また、サッシ縦枠に取り付ける縦桟も注意が必要になりますす。
サッシ枠ピッタリに突き付けると、サッシ
と縦桟の周りに雨水が滞留しやすくなるのです。サッシ枠から
20-25mm程度話して、縦桟を取り付けて、水が落ちる隙間を確保
することで解消できるのです。縦桟を離して取り付けることは、
シーリング材を保護することにもなるのです。
I様は、これらの説明を聞いて雨漏りを回避する生活の在り方に
興味を持っていただいたようです。
コロナ禍以降、在宅時間が増えたので、鬱陶しいのに梅雨を気持ちよく
過ごしたいものです。
人間もさることながら、屋根もじめじめした梅雨や、強い直射日光や、高熱で
相当ダメージをうけているはずですので、屋根も定期的な検査が
必要です。気になることがございましたらお気軽におたずねください。

サッシ2

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP