品川区 雨樋の歪み

品川区 雨樋の歪み

関東では先週まで曇りや雨ばかりが連日続き、
なぜ関東はまだ梅雨宣言ではないの??と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
本来5月は1年を通した中で、温度、湿度共安定していて、
とても過ごしやすく快適な、そして家周りを見直す時期
と考えている方も多いかと思います。
実際に、この時期にご自分で屋根を点検 なんて方も多いのが事実です。

そんな中、以前弊社をご利用された方からのご紹介 ということで
品川区のS様からお電話をいただきました。

なんでも、在宅時間が長い今になってきになることが見えてきた。ということ。
具体的には?とお聞きすると
よく見てみたら、部屋の何箇所かで天井に雨染みが見られるようになった。
また、外回りを見てみると、雨樋がゆがんで見える箇所もいくつかある、とのことでした。

ここ数年、東京都は台風の被害をそんなに受けない、という考えは本当になくなってきました、
早速S様宅へ伺い、ご了解を頂き屋根の確認から始めました。
まず見られたのが、のし瓦の下の漆喰の破損でした。破損箇所からは少しずつゴ
ミや雨水などが侵入していきます。屋根材から下地材へと徐々に広がっていく事
により雨染みや雨漏りになってしまうのです。
また、平瓦にもほんの数箇所ですが浮いて隙間が生じていました。ここにも同様
に雨水やゴミが侵入する原因となってしまいます。
瓦 といえば相当重いもの。強い風くらいでそこまで動いてしまうの?と疑問に
思いますよね。
しかし、屋根部分というのは過酷な自然環境にさらされています。強風や台風な
どでは下方からの強い吹き上げる力によって、浮き上がってしまうということが
少なくないのです。

原因と破損箇所がわかったことで、S様にも安心して修繕を任せていただけました。

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120−494−978
https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP