大田区で梅雨前の雨漏り修理

梅雨がもうすぐやってくるこの時期に屋根や軒天、破風板など、
トータルなメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。
雨染みを天井などに発見した時は、
すでに雨漏りが始まって時間が経っているケースがあります。

大田区のK様より屋根の裏側に雨染みがあるので見て欲しいとご相談いただきました。
屋根の裏側とおっしゃっていたのは軒天という場所で、
ここに雨染みがあるという事は、屋根から雨水が侵入している可能性があります。
軒天だけ修繕して塗装して見た目をよくして欲しいとご要望される事もありますが、
ここまで黒い雨染みがあると破風板や軒天内部も腐食が進んでいる事が予想できるため、
雨水侵入の原因である屋根や破風板、横樋の調査も必要です。

1689_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3db

見た目を綺麗にしても、原因を直さなければまた雨漏りしてしまうばかりか、
修繕した事で雨水の出口が塞がれて建物内部の雨水による木材の腐食が進み、
別の場所から雨漏りが始まってしまう可能性もあります。
調査を元にK様とご相談の結果、屋根修繕も同時に行う事になりました。

★雨漏りや屋根の不具合についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
屋根修理・塗装・葺き替えをご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
熟練の職人による直接施工をご提供させていただきます。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP