渋谷区で結露と認定され雨漏り修理を受けられなかった例

渋谷区のN様は、新築間もない木造住宅に住んでおられます。
先日、雨漏りがあったので施工した住宅会社に10年間の
瑕疵担保責任の保証を申請したところ、雨漏りではなく、
結露と認定され、保証をうけられなかったそうです。

最近の住宅では高気密・高断熱化が進んでいます。
その際に忘れてはならないのが、壁の通気層や防湿層を
適切に施工することです。また、屋根裏の換気を十分に確保
することも大切です。
壁の通気や屋根の換気が不十分ですと、外部から侵入した雨水を
水分源とする結露が、壁体内部や屋根裏で起こりやすくなります。
さらに室内側の壁の防湿層に不備があると、室内の湿気を水分源
とする結露が壁体内で発生しやすくなります。どちらの状況も最近急増
しています。
雨漏りと結露は別物ではありますが、住まい手にとっては同じ水のトラブルで
区別はつきません。それだけに我々のような業者や住宅会社は
お客様に違いを十分説明する必要があると考えています。
雨漏りは10年間の瑕疵担保責任保証の対象になりますが、
結露は原則として保証の対象に含まれないので、お客さんの
負担になります。結露の発生原因を的確に説明してお客様の
理解を得ることが、大きなトラブルを回避する方法です。

結露

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP