渋谷区でビルの最上階の雨漏り修理

渋谷区のS様から連絡がありました。
所有するビルの最上階が雨漏りするとのことでした。
調べてみますと、雨がしばらく降っていないのに水滴落下が
おさまらないようでした。おそらく天井裏部分で結露しているであろうことが
推測できました。実際しらべてみると案の定、天井裏の床下下面
(デッキプレート下面)と鉄骨梁が結露していました。デッキプレート
下面には断熱材が施工されていましたが、透湿性のあるロックウール
ボードだったため、室内の湿気がデッキプレート面まで達し、プレート
の下面部分で結露したのです。プレートの表面温度が、冬の外気に
よって零点以下になったのが原因だと思われます。また鉄骨梁には耐火被覆が
施されておらず、デッキプレートから伝わった熱で鉄骨梁が冷やされ
結露を生じました。そこでロックウールボードによる断熱材をいったん
除去し、透湿性のない耐火被覆を鉄骨梁を含めて床スラブに密着
するように吹き付けました。なお、鉄骨梁や鋼製の折半屋根などは
熱伝導率が高く、外気や躯体の温度の変化の影響を受けやすいです。
法規上、準耐火建築物にする必要がない場合でも、耐火被覆を
施した方が結露対策上有効になることが多いです。逆に「天井裏の
隠れた部分だから、手を抜いてもバレない」との考えで、工事費の削減を目的に
準防火地域内の建物にもかかわらず、耐火被覆を省略する違法建築
も少なからずあります。そういう手抜きをした建物は、やはり結露、雨漏り
のトラブルに見舞われているようです。

手抜き工事

今年は大きな台風はありませんでしたが、温暖化に通ずる異常気象での
雨漏りトラブルは相変わらず発生している模様です。
一年間お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします!

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根調査も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP