足立区の雨漏りは谷樋から

雨漏りで困っています、と足立区のT様よりご連絡いただき調査に伺いました。
屋根を調べてみると、谷樋のサビ、めくれ、隙間などの劣化が見られます。
雨が降ると、谷樋に雨水が流れ落ちて集水する役割があり、
水が一点に集中して当たると、いずれ金属にも穴が空いてしまいます。
そんな酷使されている谷樋は歪む事もあり、
雨水がスムーズに流れず雨漏りの原因になるので定期的な点検が大切です。
谷樋は立地や住宅の造りによって設けなければならない場合があり、
片流れや切妻屋根などのシンプルな屋根に比べて、雨漏りの発生頻度が高いのも事実で、
谷樋からの雨漏りはとても多く見受けられます。

1517_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_55e

T様邸では谷樋のほかに屋根材や棟板金の劣化があり
棟板金から雨漏りの疑わしい所もあったため全面葺き替えを決められました。
谷樋の劣化のみと判断した場合は谷樋周辺の屋根材を一時撤去し、
古い谷樋を撤去後、新しい谷樋を設置し、屋根材を元に戻す方法もあります。
部分劣化でも、この機会に全面葺き替えを望む方もいらっしゃいます。
屋根の状況やご予算によってお客様とご相談しながら修繕をおこないます。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP