世田谷区で踏み割れによる屋根修理 -2-

昨日のブログで踏み割れのことを伝えましたが、スレート屋根のどの部分で
踏み割れが生じやすいかのデーターがあります。
結果は板の中央部で生じやすいようです。
それは直下に垂木が入っていないと板のたわみが大きくなり、
踏み割れが生じやすいのです。

K様の屋根に生じた踏み割れはヘアクラックで目視では発見されにくい
ものでした。裏面に油性液を塗布して何とか確認できました。
屋根工事の最中にこうした踏み割れが生じても発見が難しいです。
それが時間の経過とともに雨漏りの要因になってしまいます。
踏み割れを避けるポイントは2つあります。
1つは垂れ木の455mm間隔に併せて屋根材の継ぎ目部分を正しく
設置することです。
そうすれば板の中央や継ぎ目と、垂れ木の位置が整然とそろうはずです。
ところが、実際にはそうなっていない現場が多いのです。
これは垂木を設置する大工と、屋根をふく職人との連携不足が原因です。
もう一つは、屋根の谷部や端部など踏み割れが発生しやすい部位の
垂木の間隔を通常より狭めておくことです。これを重点的に行えば
踏み割れのリスクは大きく低減します。

踏み割れ2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP