杉並区でマンションの雨漏り修理

今年は主に西日本で水害の当たり年でした。
関東でも7月の1週間の雨量ですでに例年の7月1か月分の雨量に
達していいるとか。

今回は、杉並区の築20年の中古マンションに住むK様の事例です。
引っ越した直後から北側にある寝室の窓下腰壁が、湿っぽくて
カビまで発生して困っているとのこと。
そこで、仕上げと下地ボードを撤去してみることにしました。するとサッシ枠
周辺部分に断熱材が施工されていないことが分かりました。また、寝室
の通風が不十分だったことも室内の湿気を十分に排出できていない
原因のひとつと考えられます。まず、サッシ枠周りの空洞部分に
発砲断熱材を充填しました。そして、子ども部屋の出入り口となる扉に
空気の通り道となるガラリやアンダーカットを設けました。窓回りの断熱
について、専門家に話を聞くと、本来なら窓回りの突き付けはサッシ取り
付け後に実施するけど、現実には施工手順の関係で先に吹き付けを行いこ
とが多いのだそうです。その場合、サッシを取り付ける際にウレタンが邪魔
になるため一度全部取り除いてしまうのです。当然、サッシ枠周りへの
吹付が再度必要になりますが、施工を急ぎ、予算を抑えるため2度目の
断熱施工はなかなか実施されないのだとか。元々、窓下腰壁は窓面
やサッシ枠で生じた結露水がしみ込みやすい部分です。断熱不良箇所
があれば、カビが発生する確率は極めて高くなることもあって、年中
定番の困り事になっています。

寝室

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP