足立区でサッシの雨漏り修理

関東の梅雨入りも秒読み段階に入ってきました。
梅雨どきなどの雨降りが続いた時だけ窓に雨漏りがある、
と言う事で足立区のN様邸の現場調査を行いました。

サッシから雨漏りする場合、原因にはいくつか考えられます。
まず窓枠のコーキングが劣化して剥がれたり隙間ができて雨水が侵入するケース。
コーキングは10年ほどで劣化してしまうのでチェックします。
それから窓の上に屋根がついている場合は、その屋根から水が入っていないかを見ます。
屋根と外壁との境目に隙間がないか、ひび割れや穴がないかチェックします。
また雨漏りと勘違いしてしまうのは、引き違いサッシの場合です。
強い雨風で横なぐりの雨の時は、引き違いの境目から雨水は侵入している事も考えられます。

1350_DSCN2460

それから窓周辺に配管や換気扇が通っているケースです。
雨降りが続き強い風が吹くと、雨が上から降ってくるとは限らず、
下や斜めからの巻き上げが起こります。
そのため巻き上げた雨水が換気扇から入り、
壁の内部を伝ってサッシ上部に雨漏りを発生させてしまいます。
換気扇のフードカバーを付け直し、
劣化していた窓枠のコーキングを打ち直しなどで対応します。
雨降りが続く梅雨前に修繕が完了し安心しました。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP