杉並区で雨漏りを回避するための屋根点検

杉並区のY様宅で屋根点検をしていた時、
雨漏りと浸水の違いは何ですか?と尋ねられました。
結論から言うと、雨漏りも浸水も雨水の侵入に変わりはありません。
特に区別する必要はないと思っています。
雨漏りとは、主に野地板の上に屋根材と防水材を施工した際、雨仕舞の施工の瑕疵によって、
屋根材・防水材で雨水を防止できずに野地板の上に溢れ、野地板の継ぎ手
から小屋裏の垂れ木、桁び接触しながら天井面に落下し、室内にあふれ出した
現象です。したがって居住者は比較的早期に雨漏りの確認が可能であり、
しかるべき処置をとることができます。一方浸水はわずかであるがゆえに
住まい手は気づかずに放置し、長期にわたって建材と構造躯体を劣化させ
ます。住宅の長寿命化は推進されてきた今、この課題の解決は重要です。
住宅が取り壊されるまでの平均築後年数は、日本では27年ほどしかありません。
これに対し、米国は64年、英国が84年なのです。日本の木造戸建て住宅は、
高耐震・高気密・高断熱化が進み、基礎・壁の通気・構造躯体・サッシ・
設備などは大きく発展してきました。しかし屋根は30年程度の住宅の
使用期間を前提として、大きな屋根構造の進歩までには至ってないのです。
ですから、定期的な屋根点検をすることが、長寿住宅を実現させる
方法の1つになるでしょう。

屋根点検

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP