杉並区で結露と紛らわしい雨漏り修理

杉並区のK様から雨漏りの連絡がありました。
早速小屋裏を調べてみますと、野地板が結露しているのが見つかりました。
最近は、住宅の高断熱・高気密化を背景に、雨漏りは単なる雨水浸入
にとどまらず、結露トラブルの誘発要因となっているようです。
今回は、換気システムを設置し、様子を見ていただくことにしました。
雨水浸入の滞留や湿気排出の換気不足による結露トラブルは根深い
問題です。結露と雨漏りは別問題、と捉える専門家もいますが、
浸入した雨水を水分源とする結露トラブルは多く、雨漏りトラブルと
明確に線引きしにくいケースも少なくないです。
ここ10年間では、透湿防水シートの防水性能を低下させる見逃せない
問題も起こっています。防腐防蟻処理を施した通気胴縁が雨にぬれると
防腐防蟻剤に含まれる界面活性剤が溶け出し、透湿防水シートの防水性能を損ねて
しまうトラブルが発生します。胴縁施工と同時に外壁を張り上げれば
問題はないのですが、それまでに雨が降って胴縁に当たれば、
薬剤が溶け出す恐れがあるのです。不意の雨に慌てないために、
養生しておくか、界面活性剤の影響を抑えた対策品の透湿防水シートを
使うのが望ましいです。

野地板の湿気

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP