杉並区で片流れ屋根の雨漏り修理 -2-

昨日の続きになります。
雨水の浸入口として最初に疑ったのが、野地板裏面と破風板の隙間です。
そこで棟を下から見上げてみたのですが、野地板の裏面は露出していませんでした。
破風板水切りで隙間をしっかりカバーしてありました。
ところが、縦ハゼぶきの唐草板金の継ぎ目を見ると、隙間は空いていました。
この部分を重点的に散水すると、板金の継ぎ目から野地板の裏面に浸水しました。
これが室内の雨漏りを引き起こしたのです。
通常、棟部に使用する棟包み板金の継ぎ目にはシーリング材を打っています。
それと同様に、棟部に唐草水切りを使用する場合は、継ぎ目にシーリング材を
打つなど念入りな対策が必要になります。
この家を建てた工務店は雨仕舞に十分な配慮をしていたようですが。板金同士の
わずかな隙間から雨30水の浸入を防ぐことができませんでした。
言い換えると、軒ゼロの片流れ屋根は、ちょっとした施工ミスが命取りになります。
この住宅は外装をすべてガルバリウム鋼板で仕上げてすっきりとした外観なのですが、
気になることがありました。棟側に通気層の排気口が見当たらないことです。
軒先側給気口も確保されていません。これを放置すれば将来、結露やカビの発生、
カビ臭のクレームなどを招く恐れがあります。
明日に続きます。

片流れ屋根2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP