杉並区で雨漏りが結露だった件

杉並区のH様から、天井仕上げ材が湿気、水分によりはがれてしまい。
雨漏りなのかどうか原因が分からず、調査依頼がありました。
現地へ行きますと、すでに天井材ははがれていました。天井材がはがれているのは
部屋の一部で、直情は屋上でした。H様によれば、天井回りで湿気が確認され、
特に降雨時と冬場に多く感じるとのことでした。また、図面を確認しますと、
複雑な建物形状であり、該当部には、外断熱も内断熱もされていない箇所であり、
現状も断熱がありませんでした。
しかし、最上階であり、防水の不具合も否定できず、散水調査と水張試験を
行いました。雨漏りの可能性が高い調査対象箇所は小面積であったことから、
直上屋上の水張試験と、周辺外壁たパラペットの散水試験を行いました。
結果、水張しけんや 散水の流出は確認されず、結露が原因で天井材が
はがれたと結論づけられました。
結露については、雨漏りか結露かの判断に迷うことが多いです。室内側の壁が
濡れるなどの現象があったとき、どちらとも断言できず推定しかできません。
散水試験などの漏水調査が実施できる場合は、漏水の有無を確認し、
ない場合は結露と結論づけることができます。しかし、調査が実施できないケースや
結露の原因究明調査が必要なケースもあります。
結露については、原因が一つではないケースが多く、調査は難航します。
原因が一つであれば、その原因かどうかの調査を行えば解決しますが、結露は
複合原因の場合が多くなかなかうまくいきません。また、内装の解体を伴うことが
ありますが、なかなか則、解体できるケースも少ないのが現状です。

結露2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP