大田区で外壁からの雨漏り修理

大田区から雨漏りのご相談をいただきました。
次に雨漏りしたら修理をお願いしたいと思っていても、
雨降りのたびに雨漏りするわけでもなく、
気付いたら窓付近に湿気があったので、
いつ相談するか迷っていたとの事でした。

PENTAX DIGITAL CAMERA

結果的に雨漏りは外壁から侵入したものでした。
外壁からの雨漏りは、屋根からの雨漏りの時にできる天井のシミのように、
分かりやすく目に見えない事が多いのです。
外壁の目地に使われているシーリングが経年劣化して、
ひび割れや剥離を引き起こして雨水が侵入してしまいました。
シーリングはサッシ周りにも使われているので、
定期点検で劣化や傷みをチェックする事が必要です。
雨水のシミが外に現れていなくても、クロス内部まで達している事もあるのです。
それも雨水が侵入して壁内部を伝って下に移動するので、
雨水の入口がどこかを判断するのが難しくなってくるのです。
気付いた時には壁内部の木材がボロボロになっているのは、
このような背景が原因になっているのです。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP