杉並区で余計な修理をして雨漏り -1-

杉並区のJ様は、築15年ほどの木造住宅にお住まいです。
もともと問題はなかったのですが、見栄えのため外壁を
ある塗装業者に塗ってもらいました。その後、J様は雨が降った翌日に
基礎コンクリート部分に濡れた跡があって気になると申し出たところ、
基礎コンクリートに隙間があることが分かったので、その塗装業者が
外壁塗装のついでに無償で隙間をシーリング材で埋めてくれたそうです。
しかし、その1年後雨の日の翌日に依然と同じような染みが基礎コンクリート
にできているのを発見したそうです。その後その雨染みはどんどん
ひどくなっていったので、以前の塗装業者に相談したところ、
再びシーリング材で補修をしてくれたそうです。
けれどもその後も雨がふるたびに雨染みが出来、それがだんだん頻度が
高く広範囲に及ぶようになったので、弊社に連絡をされたそうです。
現場を調査してみたところ、一目で、基礎コンクリートの雨染みの原因と
その経緯が理解できました。土台水切りとサイディングの隙間が
シーリング材で塞がれていたのです。塗装業者はこの塞いではいけない
隙間を塞いでしまっていたのです。この隙間は、サイディングの外壁の
裏に侵入してしまった雨水を排出するための大切な隙間、つまり
雨水の出口にあたるところです。
明日に続きます。

基礎コンクリート雨染み
ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP