杉並区の気づかぬうちに雨漏りダメージを受けた家

杉並区のE様から雨漏りの連絡がありました。
調べてみますと、野地板や垂木など、かなりの損傷が見られました。
E様によれば、今まで雨漏りの兆候が無かったとのこと。
おそらく気づかぬ程度に、屋根空間に水が徐々に侵入し、E様が異変に気付いた頃には、
野地板や垂木などの木材が使い物にならなくなっていたのです。従来から指摘
されていた雨漏りとは異なり、気づかれないうちに進行する点で厄介です。
特に北面にある屋根では、木材は乾燥にしくく、湿潤状態が続きます。他の
屋根面よりも低温になるため、湿気を吸着しやすくなるのです。南面では、
野地板は日射で乾燥させられるものの、野地上、小屋裏へ執権を放出し、
野地上と小屋裏を高温にします。屋根空間の高湿化は、冬季ばかりか夏季にも
小屋裏や野地板に結露を生じさせるのです。そういった状態で住み手が
できることは、小さな異変を放置しないことです。特に雨天が続くときは
要チェックです。
木造住宅の屋根は、建物寿命や住環境を左右する重要な空間です。しかし、
壁や床などに比べて、新構法の開発導入は進んでいません。建築業界は、屋根への
雨漏りを長期にわたって防止する措置を真摯かつ至急に検討するべきだと思って
います。住まい手が気づかないほど、わずかな雨漏りが原因で屋根は腐朽、劣化
します。そんな現象が補修現場から明らかになってきています。

気づかぬうちに腐朽

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP