杉並区で防水工事を行いました -1-

杉並区のマンションの理事会から依頼があり、改修工事の一環と
いうことで、屋上の防水工事を行うことになりました。防水工事は、
「採用する材料・防水層が要求するすべての施工条件を現場で整え
なければならない」というのが現在の基本的な考え方です。しかし、
建築現場は常に自然環境に対応しながら工事を行う必要があるため、
採用する材料・防水層が要求するすべての施工条件
を整えることは非常に難しいです、というより無理だと感じています。
防水工事は、昔のように指定された仕様書通りに防水層をつくれば
よかった時代と異なり、近年では下地、防水層、納まりおよび仕上げ
まで一括して考えなければならないのです。防水層だけが要求品質を
満たしていても防水工事としての性能は確保できません。
したがって従来の「採用する材料・防水層が要求するすべての施工
条件を現場で整える」という考え方から、「施工現場が抱える問題を優先して、
採用する材料、防水層、工法および仕上げなどを選ぶ」と考えなければ
確かな防水性能は確保できません。いわば「現場が主役」という
考え方にすべきでしょう。そう考えるとまた、防水工事には「適切」
という答えはありますが、「正しい」という答えは無いと考えます。
常に臨機応変、現場の状況に適した方法で対処すべきでしょう。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP