杉並区で3階建ての雨漏りに対応しました

杉並区のI様から雨漏りの連絡を受けました。
I様のお宅は木造3階建てです。調べてみますと、
軒天井と外壁の納まり部分から雨漏りが生じていました。
軒天井と外壁の納まり部分からの雨漏りは、もはや3階建て住宅の
定番と呼んでも過言ではありません。その原因は、3階建て
になると吹上が予想以上に激しく、軒天井と外壁を突き付けただ
けの納まりでは、雨漏りを防止できないのです。防止するには軒
天井と外壁の間に先張りの防水シートを張って、外壁の防水シート
と連続させる方法が良いでしょう。「そこまでしなくても雨漏り
しないでしょう。」と言われる職人さんが多く、被害の件数は
一向に減る気配がありません。
また、屋根裏換気のために軒天井に取り付ける通気口も雨の侵入
箇所になりえます。特に不燃ボードに穴をあけた通気口は、ボード
の面積が広いため、吹き上げた雨が入りやすいのです。樹脂製や
金属製の幅の狭い通気口を軒の先の方に取り付けることが防止策
になるのです。木造3階建ては構造的に問題がなくても雨漏り対策
が十分になされていないケースがとても多いのです。
木造4階建てでは、3階建てよりもさらに厳しくなる吹き上げにも
耐えうる雨仕舞が必要になります。
ですので、雨漏り対策がいい加減なまま安易に高層化を進めては
いけません。

3階建てイメージ

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP