杉並区で笠木回りの修理を行いました -1-

杉並区のT様から、バルコニーの手摺が腐朽したので直してほしいとの
依頼がありました。T様のお宅は、窯業系サイディングで仕上げた
築年の戸建て住宅です。手摺壁の表面を剥がしたところ、
内部の下地木材が広範囲にわたって腐朽していました。
この手摺には2点問題がありました。
1点は、サイディング材を裏返して天端に取り付けていたことです。
サイディング材の裏面は防水処理が施されていないため、たまった水が
浸透してしまうのです。
もう1点は、手摺壁内部が密閉された状態だったことです。
裏張りしたサイディング材と外壁の間をシーリング材で充填し、
内部を完全に密閉していました。そのため湿気が抜けず、透湿
防水シートにシミが広がっていました。
杉並区のY様も似たようなケースで、木造の築31年の戸建て
住宅でしたが、手摺壁内部の木造の一部が空洞化していました。
この状態で手摺壁に衝撃が加わると、破損したり落下する恐れがありました。
このケースも手摺壁の天端にサイディングを裏張りしていました。
それに加えて、笠木の真上からくぎを打ち付け、下地木材に留めていました。
これは、「脳天くぎ打ち」といわれ、禁じ手になっています。
釘周りから雨水が浸入するからです。
明日に続きます。

笠木1

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP