防水紙の摩耗による雨漏り修理 -1- (杉並区)

杉並区のH様より雨漏りの連絡がありました。H様のお宅は、
外壁をガルバリウム鋼板(溶融アルミ・亜鉛メッキ鋼板)で仕上げた
築13年の木造2階建ての住宅で中古で購入し、最近住み始めた
そうです。この住宅を建設した住宅会社がすでに廃業しているので、
H様は弊社に雨漏りの調査と修理を依頼してきたのです。
一般的に戸建て住宅の防水は、外壁や屋根など建物外皮である
一次防水層と、透湿防水シートやアスファルトルーフィングなどの
2次防水層とで構成されています。仮に雨水が一次防水層を突破しても、
2次防水層が防水性能を発揮すれば、室内での雨漏りには至りません。
その意味で、2次防水層は「最後の砦」と言っても過言ではなく、
高い防水性能が求められています。
ところが、雨漏り調査や修理をしていると、透湿防水シートが
ボロボロになり、全く防水性能を発揮しないケースに遭遇することがあります。
今回はそのケースでした。
H様は、まだ住み始めたばかりなので、この際徹底的に問題を解決して欲しい、
と依頼されました。そこで、雨漏りの原因を調べるために、ガルバリウム
鋼板の外壁を外すことにしました。そうすると、多数の亀裂の入った
ペラペラの状態の透湿防水シートが現れました。道理で、雨水の
侵入が防げるわけはなかったのです。
シートには、メーカーなは表示されていませんでしたが、「JIS A-6111適合品」
と明示されていました。JIS A-6111とは、通気工法などを導入した
外壁に用いる透湿防水シートの性能を規定したJIS規格です。
防水性や透湿抵抗、引張強さなどを規定しています。
JIS規格適合品なので、基準値は満たしていると思われます。ではなぜ
このような状態になったのでしょう。

防水紙ボロボロ1
明日に続きます。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP