中古住宅での雨漏り修理トラブル (杉並区)

杉並区のI様は、中古住宅の購入直後から深刻な雨漏り被害に
見舞われていました。そこでリフォーム会社に雨漏り修理を
依頼したそうです。工事会社は約4か月かけて修理したものの、
雨漏りは一向に収まらなかったそうです。
怒ったI様は、損害賠償を求めてリフォーム会社を提訴しました。
最終的には両者は和解に応じたそうです。
調査報告書によると、リフォーム前の外壁はモルタル仕上げの
じか張り工法を採用していました。
補修前の開口部の納まりには、2つの問題点がありました。
1つはサッシのつばが下地合板の室内側に入っていたことです。
本来は下地合板の屋外側にいれなければならないのです。
もう一つは、サッシと外壁の取り合い部にシーリング材を
充填せず、防水テープの止水機能だけに頼ることになっていたことです。
取り合い部から侵入した雨水は、防水テープの皺を通過して合板の
背後に回り、室内で雨漏りを引き起こしたのです。
修理をしたリフォーム会社は、外壁を乾式工法に変えたのです。
窯業系サイディング材を使用し、裏面に通気層を確保しました。
しかし、開口部周辺の納まりは元のままで、問題点を改善することが
できなかったのです。
しかし、リフォーム会社にも言い分はありました。
彼らは、雨漏りの原因を正確に把握していたのに、なぜ対策を
講じなかったのかを問われたところ、I様と補修費用の総額は
折り合わず、開口部の修理費用を捻出できなかったそうです。
中古住宅の販売直後の雨漏りは、売り主の瑕疵担保責任を追及すべき
かもしれません。修理する範囲を明確にし、それに見合った工事費で
受注すべきなのです。中古住宅全体の雨漏りの責任を負うのは
あまりにもリスクが大きいですから。

雨漏りイメージ

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP