野地板の腐朽を見越した屋根修理 -1- (杉並区)

屋根材の交換で問題になるのが野地板の腐朽です。
住まわれている方は、屋根材の交換で済むと思っておられますが、
屋根材や雨樋の劣化が進んでいると、野地板や垂木を含めた
大規模な改修が必要なケースがあります。
杉並区のG様は築40年の2階建て木造住宅に住んでおられます。
屋根、外壁、設備などを含む大規模リフォームを依頼されました。
現地調査で一番気になったのは、屋根材の劣化でした。
屋根瓦で随所が破損し、棟部に重点されたしっくいは劣化していました。
谷樋の板金は腐食し、そこから雨水が浸入した形跡がありました。
G様の話によると、これまで数度にかわった増改築をしており、
最初の増改築をした頃から2階の室内で雨漏りが発生するように
なったと言います。
屋根の劣化状況と、雨漏りの事実から、野地板や垂木、小屋裏部材が
腐食している可能性が高いと判断しました。
しかし、それらの腐朽の度合いは、実際に屋根瓦を外さないと
分かりません。そこで、屋根工事の見積もりを作成する段階では、
野地板、垂木、小屋裏部材の腐朽度を約5割と家庭して積算しました。
屋根材も変更することにしました、。耐震性を強化するために、
瓦よりも軽い溶融亜鉛めっき鋼板を採用することに決定しました。
度重なる増築で形状が複雑になり、これが雨漏りを引き起こす
一因になっていたからです。

野地板腐朽2

明日に続きます。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP