屋根の形状による雨漏り>足立区O様邸

街を歩くと、色々な形の屋根を目にする事ができます。
三角屋根の「切妻」、4面に傾斜がある「寄棟」、片方だけ傾斜した「片流れ」、
4方面に同じ角度で傾斜した「方形」・屋上がある真っ平らな「陸屋根」など様々です。
屋根の形で個性を出したり建物の印象を変えるので、複雑な形の屋根は見ていて楽しくもあります。
美術館などには丸い形のアール屋根もあり、設計士のこだわりも感じます。
中には土地の形状から、L字やコの字、ロの字などにせざるを得ない場合もあります。

236_DSCN1322

しかし、当然ながら複雑な屋根の方が雨漏りのリスクが高くなり
メンテナンスも大変になる事が予想されます。
形状が複雑になると、その重なり部分に水が溜まったりゴミや落ち葉やが入り、
はたまた動物や鳥が巣を作った事例もあります。
なので屋根はシンプルに、必要のない物は付けない事が理想的です。

O様から雨漏りがあったとご相談いただき、調査。
旗竿地のため屋根もL字型をしており、L字の谷部分からの雨漏りでした。
ここからの浸水はとても多くご相談を受けます。
O様は「土地の形は変えられないので、メンテナンスしながらうまくつき合っていくしかないですね」
とおっしゃっていました。
少しでもお役に立てて私たちも嬉しいです。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。