ストレート屋根の雨漏り【府中市】

どんなに大切に家を使っていても、スレートは10~15年ほどで劣化するといわれています。一番は経年劣化によりますが、これには紫外線や温度変化による膨張収縮の影響が多く含まれています。

 

雨風や地震その他の振動によってストレートが少しずつズレたり浮いたりして、次第に雨漏りやカビの原因となる程ズレが大きくなってしまうのです。また、激しい突風や台風、嵐など大変強い風がストレートの間に入り込んだ場合、一気に破損してしまう可能性もあります。また、降った雨や雪が急激に乾燥や凍結してしまう気候の場合、ストレート屋根が変化についていけずに反ったり割れたりしてしまうことがあります。

 

隙間などを塞ぐために用いているコーキングが剥がれたりした場合もストレートに隙間があいてしまいます。これは主には経年劣化が原因です。コーキングが劣化する主な理由は経年的なものです。剥がれは、この劣化が原因になることもありますが、強風や地震などの振動が要因となることもあります。コーキングが剥がれてしまうと、その部分から雨水が侵入してしまい、雨漏りの原因となります。

 

明日は、残りの原因についてご案内いたします。

 

一般的にはストレート屋根は10~15年程度でメンテナンスが必要になると言われています。そして、メンテナンスは早ければ早いほど費用は安くすみます。そして、誤った処置をするとかえって状況が悪化してしまいます。ご自身やご家族など職人ではない方が作業をしたり、安いというだけでよく知らない業者に依頼してしまう、ということで、雨漏りが酷くなってしまうケースも残念ながらままあります。

 

できるだけ早く、専門の業者に修理の依頼をしてください。その際、費用がいくらかかるのかなど、ご不安なことも多いかと思います、まずは、長年府中市の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへぜひご連絡を!私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。

お見積もりやご相談は無料です。フリーダイヤルもしくはメールにてお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120ー494ー978

PAGE TOP