[雨漏り防止に重要な役割の破風板]>新宿区

ご住所
東京都新宿区
ご依頼内容
雨漏り修理
使用材料

スタッフより

新宿区のC様邸の雨漏り現場を見てみると窓の屋根の破風板がボロボロになっており、手で触ると塗装がボロボロ落ちてしまいました。
屋根と同様に直射日光が当たるため、経年で劣化するのは当然と言えます。
塗装し直しだけで済む場合、既存の破風板に板金を巻く場合、破風板を交換する場合、と3通りあります。
C様邸の場合劣化がひどく、台風などの強風の時にクギが抜け落ちてしまう危険もある事をご相談のうえ、破風板自体を交換する事になりました。

ケラバに取り付ける破風板(はふいた)は、見た目を良くするための飾りではなく雨漏り防止に重要な役割があります。
風が屋根内部に入り込むのを防ぐと同時に、台風などの強風の時には上からではなく横や下から吹きつける雨を防いでいるのです。
そしても破風板は垂木などを隠す役割もしています。
破風板に使われるのは、主に金属系、木質系、窯業系があります。
中でも金属系のガルバリウム板金は、多く使用されています。
また住宅が火事になった時は破風板が軒に燃え移るのを遅らせる効果があるので防火の面でも期待できます。

天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
この判断は難しいものですので一度ご相談ください。
ご自分で火災保険の申請する時間が無かったり書類を書くのが大変という方のために申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
LOVE STYLEでは7m以上の高さまで屋根調査が可能です。
屋根のプロによる無料診断を是非ご活用ください。

無料相談・お問合せ

屋根・雨漏り・雨樋のトラブル相談!現地調査・お見積り無料!!

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)

  • メールでお問合せ
  • LINEでお問合せ