[築13年の間に雨樋も劣化が進みます]>中野区

ご住所
東京都中野区
ご依頼内容
雨漏り修理
使用材料

スタッフより

中野区のC様より雨樋の破損を発見したのだが、いつ壊れたか分からないとの事です。
お話を聞いてみると新築で家を建ててから10年点検で調査して以降、雨樋の点検やお掃除はした事がなかったようです。
今回は築13年の点検も兼ねての雨漏り調査だったのですが、雨樋もちょうど劣化や破損が出てくる時期です。
13年間手を加えないと紫外線や暴風雨にさらされて、つなぎ目のコーキングが剥がれたり金具が緩む不具合が出てくる頃です。
そこに台風などの強風が吹くと破損して雨漏りに繋がってしまうのです。
目に見える破損だけでなく、雨樋の中の方で落ち葉や砂ぼこりが詰まっている事もありますのでプロによる定期点検が雨漏り防止に効果的です。

雨漏りは屋根材や防水シートが経年により傷む事が原因になりますが、他にも雨樋がズレたり金具が緩み雨漏りにつながるケースもあります。
この場合は比較的簡単な修繕で済む事も多く、樋の位置を正しく収めて、金具を締める事で不具合がなくなる場合もあるので、雨樋がズレただけで修理を呼ぶのは申し訳ないなどと思わずに早めにご連絡いただければ、その分建物にダメージを与えずにコストもおさえて修繕することが可能です。

無料相談・お問合せ

屋根・雨漏り・雨樋のトラブル相談!現地調査・お見積り無料!!

0120-494978 電話受付時間 8:00~18:00(日曜日を除く)

  • メールでお問合せ
  • LINEでお問合せ