天井から徐々に雨漏が(港区)

天井が湿ってきたり、シミがつくことで雨漏りに気づくことがあります。
そういう時はたいてい原因は屋根にあります。
屋根は瓦がずれたり、コーキング剤の劣化やルーフィング材の破損や
スレートのひび割れ、浮きなどが要因で雨漏りが生じます。
板金のわずかな釘浮きでさえも雨漏りの原因になることがあります。
雨水が少量でも侵入すると、まず屋根の木材が腐食します。
釘は錆びてくぎ止めの機能が亡くなります。この状態では最悪の場合、
暴風雨があれば、板金が剥がれ、屋根ごと吹き飛ばされる場合も少なくないです。
室内での雨漏りのサインは見つけることが容易です。
まず湿ってくることで分かります。雨の日に天井や壁が濡れてくることで気がつきます。
できれば、押し入れやクローゼットの中など、普段あまり見ない
場所もチェックしてみましょう。また、床が濡れてくることで気づく雨漏りもあります。
外壁から水が浸透し壁の内側を伝って床に溜まってしまうことで生じます。壁紙や
クロスのシミをチェックしてみましょう。カビのような臭いがする
場合は、家の内側にカビが生えている可能性があります。
表面に出ていなくても、クロスを剥がしてみると、カビがびっしり生えていることが多いです。
掃除をしても、カビ臭さが残る場合は、雨漏りを疑った方が良いでしょう。
雨漏りが原因で家が腐食すると、シロアリが増えてきます。
シロアリは湿気のある環境を好み、あっと言う間に数が増えていきます。

天井のカビ

シロアリは家の柱を食べてしまうので、シロアリを見つけたら早めに駆除が肝心です。
港区のH様から、天井が濡れてカビ臭がする連絡があったので訪ねてきました。
点検してみると、確かに天井の仕上げの木材が濡れて剥がれてきています。これは間違いなく
屋根に原因があるので、すぐに屋根を点検することになりました。