中野区で突然の雨漏り

銅板は瓦屋根との相性が悪く瓦屋根の谷部分が銅板だった場合も、
谷部分に穴が空いた事例がありました。
このような場合、谷部分をガルバリウムに葺き替えを行います。
以前は高価な物ほど長持ちしてメンテナンスの必要がないと言われていた素材でも、
時とともに進化し続けているのです。

中野区A様邸で突然の雨漏りで困っているという事で調査に行ってきました。
屋根を調べてみると銅板雨樋に穴が空いており、
雨樋が集水の機能を果たせなくなって、
2階の窓付近から雨漏りが発生していました。

1394_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_84

過去には銅板は一生使えると言われていましたが、近年は酸性雨の影響もあり、
銅板に科学反応が起きてしまい劣化を早めていると言われています。
A様邸では瓦に塗った釉薬が雨によって流れ出して瓦の谷間に溜まり、
銅板雨樋を腐食させて等間隔で穴を空けていたのです。
早めに気づけば雨樋の交換だけでよかったのですが、
たいていは雨漏りするまで気付かず、
ガルバリウムの雨樋に交換してクロスの張り替えを行う事になります。
今回のような場合でも、定期点検で雨漏りを防ぐ事ができます。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP