日野市で下屋根の雨漏り修理

日野市のM様邸で窓枠付近に湿り気があるという事で、
雨漏り調査にうかがいました。
結露の可能性もふまえて屋根のつなぎ目と同時に、
建物本体と下屋根の取り合い部分も調査します。
こちらの下屋根は複雑に重なり合っており、
つなぎ目が必然的に多く劣化や剥がれがみられます。
立地の関係から複雑な形の屋根はよく目にしますが、
そんな屋根ほど外壁との取合いや防水処理の場所が多く存在し、
プロによる細やかな雨漏りチェックが必須になってきます。

1316_CIMG0496

一度雨漏りが発生してしまうと雨水の通り道ができてしまい、
次に雨が降った時にまた同じ所を流れて侵入しやすくなります。
そして厄介な事に水は侵入している真下に雨漏りするとは限りません。
下から上へあがって行く現象が起こる場合もあるのです。
屋根材のつなぎ目部分にこの毛細管現象が起こると
雨水が入り込んで内部まで侵入し、雨漏りが発生してしまいます。
屋根材同士のすき間を作って水を吸い上げる力を抑え通気を保つ必要があります。
水は重力に関係なく隙間さえあれば自在に動けるので細心の注意が必要なのです。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP