新宿区で屋根材の割れによる雨漏り

新宿のK様より強風の後から雨漏りになった気がするとご連絡を受け現場にうかがいました。
調査してみると2階の天井に水が染み出しています。
屋根に上がってみると、暴風雨によりスレートの割れから雨水の侵入が見られます。

スレート屋根の頂上を覆っている棟板金のクギが突風によって浮き、
そこからも雨水が侵入した跡が確認できます。
これでは雨漏りするのも無理はありません。
このままにすると棟木が腐食して、
棟木が腐っている部分からクギが浮いてしまっているケースもあります。
クギが浮くと棟板金が剥がれて飛んでいた可能性もあります。
雨水を受ける事により、鉄のクギの場合は錆が出てクギ穴が大きくなり
雨漏りが発生してしまいます。

Jpeg

お客様に雨漏りの状況をお聞きすると、
台風が来て天井の水染みが時間とともに広がり水がポタポタと落ちてきたので、
家にある洗面器やバケツを置いて一晩過ごし、
屋根メンテナンスをしておけば良かったと後悔したそうです。
今年も日本列島には台風がやってくる事は間違いありません。
こまめに点検しながら正しいメンテナンスしていけば雨漏りは必ず防止できます。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP