新宿区でサッシ付近に発生した雨漏り修理

新宿のM様邸で雨漏りにお困りとの事でご相談いただきました。
サッシから雨漏りが発生したためサッシメーカーに連絡して、
サッシの不具合を見てもらったという事ですが不具合は見つかりませんでした。
それでも雨漏りが止まらず、もう1度サッシメーカーに連絡したところ、
窓枠のコーキングをやり直した方がいいとアドバイスされたそうです。
疑問に思ったM様からご相談を受け現場調査に伺いました。
窓枠は雨漏りの跡が残っていましたが、
窓と外壁のつなぎ目にヒビや劣化は見受けられません。
原因は窓上部に付いているシャッターボックス内に入った雨水でした。
防水テープの粘着が弱くなって浮いている場所がありました。
窓枠からの雨漏りの場合サッシの不具合を疑いますが、
雨水侵入はそこからとは限りません。

1268

雨漏りの原因が分からないままのコーキングは一時しのぎなので避けた方がいいです。
調査の邪魔や2度手間になってしまうなど、まったく意味がない出費になる場合もあります。
まずはどこから雨水が侵入しているのか、原因をひとつひとつ探していく必要があります。
雨漏りに関して少しでも疑問に感じる事があったら、
その都度プロに相談する事が最善策といえます。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP