壁の湿気で雨漏りが心配な新宿区のケース

新宿で洗面所の壁が湿っているので
雨漏り調査してほしいとご相談いただきました。
外壁のシーリングの劣化部分から雨水が侵入した事が分かりました。
サイディング外壁のつなぎ目に使われているのがシーリングというゴム状の素材です。
これは雨水の浸水を防ぎ、台風や地震などの揺れを吸収して緩和する役割もあります。
サイディング外壁よりもシーリングの劣化の方が早いので、
メンテナンスは既存のシーリングの上から足すシーリングの打ち増しと、
既存のシーリングを撤去して、新しいシーリング材を打つ打ち替えがあります。
新宿ではシーリングの打ち替えで無事雨漏りが止まりました。

1238_DSCN2674

寒暖差があるこの時期は結露の可能性も考慮しますが、
雨漏りは屋根からだけでなく外壁からも雨水が侵入します。
窯業系サイディングは施工やメンテナンスがしやすく工期を短縮できます。
さらにモルタルより軽く、耐震性・耐火性に優れているので近年の主流になっています。
雨水で汚れが落ちるので、メンテナンスの必要がないと思われがちですが、
やはり再塗装やシーリングの打ち直しは必要です。

★屋根の葺き替え・屋根改修をご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP