雨漏り修理[初めてのバルコニーメンテナンス]>中野区

中野のお客様より玄関に雨漏りがあるとご相談いただきました。
こちらではバルコニーが玄関屋根を兼ねている構造になっており、
バルコニー床のトップコートが剥がれ、防水層にひび割れがある事で、
軒天に雨水が侵入していました。
今までバルコニーの修繕は行った事がなく、
この機会にメンテナンスをご希望されました。

1099_DSCN1104

こびりついた砂ぼこりやコケなどの汚れを高圧洗浄で掃除し、
ひび割れの補修を行い、下塗りをしていきます。
FRPは繊維強化プラスチックなので、硬くて強度がありますが、
反面、下地の伸縮に対応できずに、ひび割れを起こしてしまいます。
築年数が古い木造住宅の場合はトップコートは硬いポリエステル系を避け、
5~6年に1度を目安にトップコートの塗布が必要になる事をご理解いただいたうえで
今回はウレタン防水で仕上げます。
ウレタン防水は軽量なので住宅に負担をかけずに防水ができます。
また液状のため、複雑な場所でも塗装が可能というメリットもあります。
初めてのバルコニーメンテナンスは見た目も綺麗になり、
雨漏りも止まったと喜んでいただけました。

★屋根の葺き替えをご検討のお客様は早めのご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP