防水シートと雨漏り修理(2)(杉並区)

昨日のブログの続きになります。直線部分の防水シートの施工について問
題になることはほとんどありません。難しいのはコーナー部分になります。
雨漏り検査に立ち会った現場監督や職人に、べランダの腰壁上
面を覆う防水シートについて「コーナー部分はどのような納まりに
なっていますか。」と質問すると、一番多い答えが、「2枚の防水シートをコー
ナー部分で重ねて処理する」という答えです。これでは、雨水の侵
入箇所をつくっているようなものです。笠木や手すりを壁に載せて
もその下までは雨水が入ってきます。防水シートの上面に載った水
は、水平に移動して、防水シートの重ね部分から容易に壁内に侵
入してしまうのです。水平方向に3m以上流れて漏れた例もあります。
本当に雨漏りを防ぎたいのなら、連続した1枚の防水シートで上面を覆うべき
だと思います。そうしないと、切れ目をできるだけつくらない施工になりませんから。
シートを折り曲げてコーナー部分の上面で連続した防水面を形成することは
可能です。ただし、折り曲げた場合にできる雨水の侵入しやすい箇所は捨て
シーリングを施すのをお忘れなく。

防水シートと雨漏り

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP