漏電と雨漏り修理(渋谷区)

今年、西日本で大規模な水害があり、停電、漏電と言う言葉を聞く機会が
増えたのではないでしょうか?
本日は漏電に関しての記事になります。

渋谷区のG様より、先日漏電し家電が故障したのだけど、どこで雨漏りがあるか
特定できなくて困っている、とこの連絡がありました。調べてみますと、
G様の家の天井裏で雨漏りが見つかりました。漏電は、放置しておくと、
火災につながるので、注意が必要です。G様のように直接雨漏りを目にすることが
無くても、見えないところで、ジワジワと雨水が浸食してるということは少なくありません。
家の外側から入り込んだ雨水はいろんな経路をたどって家の中につたってきます。
例えば、屋根の下地の傷んだ箇所などから雨水が入り込んだ場合、天井にシミとなって
表れます。この現象がおこるということは、、屋根から天井まで雨水の通った場所は濡れているとい
うことです。また、雨漏りが起きるのは、家の中に入り込んだ雨水を建物が吸収しきれ
なくなったからです。雨漏りを発見した時点で、すでにある程度、建物に雨水がしみ込
んでいるのです。
当然ながら、水がしみ込んだり、濡れた部分は腐食しやすくなります。これが柱や梁
などの構造や土台部分に及ぶと、家の強度を落とすことになり、最悪は地震の際などの
倒壊につながります。I様の場合は、漏電で気がつくことができましたが、
他にも気づくサインはあります。

漏電と雨漏り

例えば、シロアリ被害です。家の中で雨漏りがあると、湿気が発生しやすくなります。
こうして湿度が高く、うす暗い場所を好むのが、木造住宅の大敵、シロアリです。
つまり、雨漏りは木材を食べるシロアリを呼びよせてしまうのです。
構造や土台などの部分にシロアリ被害があると、建物が倒壊しやすくなります。
それから、住んでいる方の突然のアレルギー反応で気づく雨漏りもあります。
家の中が湿気の多い状態では、建材である木材をはじめ、家の中に保管している食品や
衣類などにカビが発生しやすくなるからです。カビは、アレルギーなどを引き起こしますし、
エサとしてダニを招くことになり、住人の健康への影響も心配されます。
できれば、こうした現象が現れる前に、定期的なメンテナンスをされることを
おススメめします。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

 

PAGE TOP